GJ > 競馬ニュース > 【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦
NEW

【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦

【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦の画像1

 16日、中山競馬場では3歳牝馬限定戦のフラワーC(G3)が行われる。近年は3週間後の桜花賞(G1)より約2か月の間隔があるオークス(G1)を目指す中距離馬の出走が目立っている。さっそく今年の出走予定メンバーを見ていこう。

 昨夏の新潟で芝1800mの新馬戦を勝ち上がったカンティアーモ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が今年の始動戦を迎える。

 好調エピファネイアの産駒で、初戦は川田将雅騎手を背に2歳レコードとなる1分46秒4をマーク。川田騎手が「まだまだコントロールが難しく、その辺が課題となっていく馬なので、順調に改善できればと思います」とコメントしていたが、そんな懸念が露呈したのが2戦目だった。

 昨年11月のデイリー杯2歳S(G2)で果敢に牡馬に挑んだカンティアーモ。1番人気ジャンタルマンタルと差のない3番人気に支持されたが、後方から末脚不発で6着に終わった。

【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦
C.ルメール騎手

 初の右回り、初の関西遠征、距離短縮など敗因は幾つか挙げられるが、血統的にも距離は2000m前後がベストのはず。再び1800mに距離を延長し、かつ牝馬限定戦なら力は上位だ。鞍上にはC.ルメール騎手を配して確勝を期す。


 カンティアーモと同じく芝1800mで初戦Vを決めたマルコタージュ(牝3歳、美浦・小島茂之厩舎)も将来が楽しみな1頭だ。

 1月の3歳新馬でデビュー。好位を追走し、直線早めに先頭に立つと、ルージュランブルとの叩き合いをハナ差で制した。

 鞍上を務めた杉原誠人騎手は「テンションが上がりやすい馬」とコメントしたように、精神面には課題を残すものの、「思っていたよりも競馬に行ってリラックスしていました」と実戦タイプだったことは大きい。直線ではいったん2番手に下がったものの、ゴール前で差し返しており、勝負根性も備わっている。

 引き続き手綱を取る杉原騎手は、キタウイングで挑んだ昨年に続く牝馬クラシック参戦を目指す。


 ドゥラメンテ産駒のミアネーロ(牝3歳、美浦・林徹厩舎)は、カンティアーモと全く同じパターンで、キャリア3戦目を迎える。

 昨秋の中山芝1800mで勝ち上がり、距離短縮で臨んだ2戦目で馬券圏外に敗戦。また、精神面に課題を残している点もカンティアーモと通ずるところがある。

 ただし、こちらは母がミスエーニョ。半姉にファンタジーS(G3)を勝ったミスエルテ、マイルでデビュー2連勝したミアマンテがいるため、将来的には短距離が主戦場となるかもしれない。

 ミアネーロは、デビュー2連勝を狙った前走・菜の花賞(3歳1勝クラス)で堂々の1番人気に支持されたが、直線で前が詰まる不利もあって5着。初戦も最後の直線でよれたようにまだ粗削りだが、その辺りが改善されてくれば、まだまだ伸びる要素はあるだろう。

【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦
津村明秀騎手 撮影:Ruriko.I

 前走はルメール騎手が手綱を取ったが、今回は初戦で勝利に導いた津村明秀騎手との再タッグを予定している。2度の中山経験を生かしてうまく立ち回ることができれば勝機は生まれそうだ。


 カニキュル(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は、デビューから2戦続けて芝2000mを走っている。初戦はシュバルツクーゲルの2着に敗れたが、2戦目で豪脚を繰り出して勝ち上がった。

 半兄のトランキリテが今年の洛陽S(L)で2着しているように、母系はややマイラー志向の血統だけに、1ハロンの距離短縮はプラスに出るかもしれない。


 エルフストラック(牝3歳、栗東・中村直也厩舎)は、新種牡馬カリフォルニアクロームの産駒。初戦こそダートを使われ4着に敗れたが、その後は芝の中距離で4戦連続4着以内と安定している。

 2走前の若駒S(L)では牡馬相手に4着。前走のデイジー賞(3歳1勝クラス)はイゾラフェリーチェの2着と、相手なりに走れるのが強みといえるだろう。父に待望の重賞初制覇を届けられるか。


 この他には、デビューから3戦3連対、前走の1勝クラスで上がり最速をマークするも逃げ馬を交わせず惜しい2着に敗れたフォーザボーイズ(牝3歳、美浦・加藤征弘厩舎)、昨秋の赤松賞(2歳1勝クラス)でステレンボッシュの2着に好走した父ロジャーバローズ譲りの先行力が武器のテリオスサラ(牝3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)、半兄に昨年の若葉S(L)を勝ったショウナンバシットがいるテリオスルル(牝3歳、美浦・田島俊明厩舎)など、伏兵陣も一発がありそうな馬がそろった。

 ここを勝って牝馬クラシック戦線に名乗りを上げるのは果たしてどの馬か。発走は16日の15時45分を予定している。

【フラワーC(G3)展望】初戦レコードVの「素質馬」がC.ルメールと新コンビで登場! 牝馬クラシック戦線へ好メンバーが集う一戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感