GJ > 競馬ニュース > 【スプリングS(G2)展望】第二のキタサンブラックへ…「国枝厩舎×C.ルメール」期待の大器が登場!無敗のキズナ産駒2頭が初対決
NEW

【スプリングS(G2)展望】第二のキタサンブラックへ…「国枝厩舎×C.ルメール」期待の大器が登場!無敗のキズナ産駒2頭が初対決

【スプリングS(G2)展望】第二のキタサンブラックへ…「国枝厩舎×C.ルメール」期待の大器が登場!無敗のキズナ産駒2頭が初対決の画像1

 17日には中山競馬場でスプリングS(G2)が行われる。1800mで行われるため、皐月賞(G1)へ向かう組とNHKマイルC(G1)へ向かう組の分岐的なレースでもある。今年は2頭の無敗馬が注目を集めそうだ。

 1頭目は悲願の牡馬クラシック制覇に気合が入る国枝栄調教師の隠し玉、シックスペンス(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨秋の中山2歳新馬でC.ルメール騎手を背に初陣を飾ったキズナの産駒で、暮れの中山では石川裕紀人騎手に乗り替わってひいらぎ賞(2歳1勝クラス)も制してデビュー2連勝を決めた。

 どちらもトリッキーな中山マイルコースが舞台だったが、初戦は内々をうまく立ち回っての勝利。2戦目は外目の2番手追走から早めに抜け出す横綱相撲だった。

 今回は1ハロンの距離延長が課題となるが、国枝師は『サンケイスポーツ』の取材に対して、「馬の格好からも距離が延びても良さそう」と自信を見せている。前走後にも「2000mくらいまでなら大丈夫そう」ともコメントしており、ルメール騎手を確保したことも相まって、皐月賞に向けて負けられない一戦となりそうだ。

 無敗でスプリングSを制した馬は過去に10頭以上いるが、キタサンブラックやミホノブルボンなど高い確率でクラシックでも活躍している。厩舎待望の牡馬クラシックを獲得するためにも、ここは通過点としておきたいところだろう。


 無敗で皐月賞に向かう可能性のあるもう1頭の大器がスティンガーグラス(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 2021年のセレクトセールにて1億円超で取引されたこちらもキズナの産駒で、今年1月の中山でルメール騎手を背にデビュー。道中は中団に控え、内目で脚を溜めると、勝負所で馬群を割って進出。4角で先行集団を射程に入れると、直線で外に出されて、アンゴラブラックとの叩き合いを制した。2着馬とは3/4馬身差だったが、着差以上に強い内容の一戦だった。

 ルメール騎手の「子供っぽいところがありますが、最後はいい脚を使ってくれました」というコメントからも伸びシロはたっぷり。2戦目でメンバーレベルも一気に上がるが、陣営は戸崎圭太騎手を確保しており、何とか権利をもぎ取って本番に向かいたいところだろう。


 無敗の2頭と比べるとややインパクトには欠けるが、コスモブッドレア(牡3歳、美浦・小野次郎厩舎)にも勝機はある。

 9番人気に留まった昨夏のデビュー戦で2着に好走すると、2戦目で初勝利をゲット。5か月ぶりの実戦となった3戦目の葉牡丹賞(2歳1勝クラス)でトロヴァトーレの4着を経て、年明け初戦の京成杯(G3)に駒を進めた。

 この時も10番人気で、あくまでも伏兵の1頭という評価。しかし、レースではスローペースの中、しっかりと折り合って2番手を追走すると、直線でいったんは先頭に立つシーンも。最後は大外から追い込んだダノンデサイルとアーバンシックに交わされたが、見せ場たっぷりの3着だった。展開次第でいつ重賞を勝ってもおかしくない力は持っている。

 今回も引き続き人気の盲点となりそうだが、デビュー戦から手綱を取る石川騎手は完全に手の内に入れており、前走に続く粘り込みに期待できそうだ。


 ジュンゴールド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、2歳時に新馬、紫菊賞(1勝クラス)を連勝。いずれも2着に3馬身半の差をつける快勝だった。

 3連勝が懸かった続く京成杯では1番人気に推されたが、まさかの12着に大敗。騎乗した坂井瑠星騎手が「全体的に力むところがあって」とコメントしたように、気性面の悪さが出てしまった。秘めたる能力を出し切れば、他の有力各馬をまとめて差し切るシーンがあっても驚けない。


 ウォーターリヒト(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)は、近2走が好内容。2走前のシンザン記念(G3)は、17番人気で3着、前走のきさらぎ賞(G3)は10番人気で2着と、人気を大きく上回る好走を見せている。

 同馬を管理する河内師は、来年2月に定年引退を迎える。つまり今年のクラシックが最後のチャンス。ラストクラシックに向けて関東遠征で権利獲りを狙う。


 この他には、2走前の朝日杯フューチュリティS(G1)で4着、前走のすみれS(L)でもサンライズアースの2着に健闘したジューンテイク(牡3歳、栗東・武英智厩舎)、2歳未勝利、セントポーリア賞(3歳1勝クラス)を連勝中のレイデオロ産駒、ペッレグリーニ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)、前走の若竹賞(3歳1勝クラス)を4角最後方から豪快に差し切ったルカランフィースト(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)など、粒ぞろいのメンバーが集結した。

 シックスペンスがルメール騎手との再コンビで3連勝を果たすのか、それとも戸崎騎手との新コンビでスティンガーグラスが2戦2勝とするのか。3着までの馬に皐月賞の出走権が付与される注目のトライアルは、17日の15時45分に発走を迎える。

【スプリングS(G2)展望】第二のキタサンブラックへ…「国枝厩舎×C.ルメール」期待の大器が登場!無敗のキズナ産駒2頭が初対決のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配