GJ > 競馬ニュース > C.ルメール騎乗の1番人気がデビュー戦「シンガリ」大惨敗…「前進気勢がないと感じていた」母にG1ホースを持つ期待の良血があまりに厳しい船出
NEW

C.ルメール騎乗の1番人気がデビュー戦「シンガリ」大惨敗…「前進気勢がないと感じていた」母にG1ホースを持つ期待の良血があまりに厳しい船出

C.ルメール騎乗の1番人気がデビュー戦「シンガリ」大惨敗…「前進気勢がないと感じていた」母にG1ホースを持つ期待の良血があまりに厳しい船出の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 9日、中山1Rに行われた牝馬限定の3歳未勝利(ダート1800m)は、4番人気エンセリオが1馬身差で勝利。ダート転向2戦目で嬉しい初白星を飾った。

 騎乗した菅原明良騎手はレース後、「前走はラストにいい脚を使っていたが、1400mで追走に少し苦労していた。1800mに延長したことで楽に運べました」と勝因についてコメント。ダート中距離なら昇級後も無視できない1頭になりそうだ。

 その一方で、1番人気に推されていたクイーンズクラウン(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎)とC.ルメール騎手のコンビは、期待を大きく下回るシンガリ14着に敗れた。

 今回が初出走だったキズナ産駒の同馬は、母が2008年の秋華賞(G1)を勝ったブラックエンブレムという良血。これまでデビューした兄姉は8頭中7頭が勝ち上がり、ブライトエンブレムとウィクトーリアは重賞も制しクラシックの有力候補となったことでも知られる。

 クイーンズクラウンも一口馬主クラブのシルクレーシングにおいて総額5000万円という高い評価を受け、鞍上にも全国リーディングのルメール騎手を配した。坂路主体だが乗り込み量も豊富で、管理する宮田調教師が「馬っぷりもいいし能力を感じる」と素質を評価していたこともあり、既走馬が相手でも1番人気の評価を集めた。

 しかし、スタートで2~3馬身ほどの遅れ。ルメール騎手が気合を付けてもなかなか進んで行かず、1コーナーの時点で早くも馬群から約10馬身ほど離れた最後方となってしまう。

 向正面に入ると馬群からさらに引き離され、20馬身ほど後ろをポツンと1頭で追走の形となる。最後はブービーの馬からさらに10馬身差を付けられた最下位でフィニッシュした。

宮田調教師「攻め馬ではあまり前進気勢がないと感じていた」

「スタートからゴールまでほとんど競馬に参加できませんでしたね。宮田調教師は『攻め馬ではあまり前進気勢がないと感じていた』と振り返っていましたが、どうやらその通りのレースぶりとなってしまったようです。

相当厳しいデビュー戦にはなりましたが、兄姉は平地ではすべて芝のレースで勝ち星を挙げています。本馬も芝替わりで見直す手もあるかもしれません」(競馬誌ライター)

 期待の良血が1番人気で惨敗を喫したこともあり、レース後のSNSやネット掲示板では「ルメールが1番人気であれだけ離れた最後方はなかなか見ない光景だった」「シンガリ負けは、さすがにショックが大きい」「馬がまだ競馬を理解していないのでは」「この血統はやっぱりダートでは難しいのかな」といった困惑するファンの声も見られた。

 厳しい船出となったクイーンズクラウンだが、レース後の宮田調教師は「慎重な面がある馬で環境の変化に戸惑ったようです」と話しており、今回のところはキャリアの浅さがもろに出てしまったようだ。

 ただ同師は「次に使ったときにしっかり巻き返せるように準備したいですね」と次戦に向けて早くも前向きなコメントを残した。今回は悔しい結果となったが、一度使われた良血の変わり身に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール騎乗の1番人気がデビュー戦「シンガリ」大惨敗…「前進気勢がないと感じていた」母にG1ホースを持つ期待の良血があまりに厳しい船出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感