GJ > 競馬ニュース > 川田将雅の同期が「G1勝利」を境に覚醒!? 「最近めっちゃ輝いてる」低評価を覆す重賞騎乗機会3連続連対に絶賛の嵐!
NEW

川田将雅の同期が「G1勝利」を境に覚醒!? 「最近めっちゃ輝いてる」低評価を覆す重賞騎乗機会3連続連対に絶賛の嵐!

【この記事のキーワード】, ,

川田将雅の同期が「G1勝利」を境に覚醒!? 「最近めっちゃ輝いてる」低評価を覆す重賞騎乗機会3連続連対に絶賛の嵐!の画像1

 10日に行われた桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(G2)。1番人気コラソンビートの追い上げを振り切り勝利を飾ったのが、11番人気の伏兵エトヴプレ(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 3枠4番のスタートからハナを切ると、前半600m通過は33秒8という速い流れ。ただ直線に入って二枚腰を披露すると、前走G1で3着に好走していた大本命馬を抑えて1着で本番の優先出走権を掴み取った。

 そんな人気薄エトヴプレの手綱を取り、積極果敢なレース運びから大金星に導いたのが藤岡佑介騎手だ。

 4戦連続で同馬に騎乗となった藤岡佑騎手はレース後、「(前走の1200mから)1400mに延びて良さそうなイメージの馬でした」と手応えが十分だったことを振り返ると、15頭中11番人気という低評価だったにもかかわらず「かなり自信がありました」と言ってのけたのだから恐れ入る。「まだまだ楽しみな馬なので、これからも応援してあげてください」と、ファンに将来性豊かなパートナーへのエールもお願いした。

 これが今年12勝目となった藤岡佑騎手といえば、川田将雅騎手や吉田隼人騎手たちと同期である競馬学校20期生としても知られる。2018年にケイアイノーテックでNHKマイルC(G1)を勝ってG1ジョッキーの仲間入りを果たし、すでにJRA通算1000勝以上をマークするなど、いまや関西を代表するジョッキーの1人だ。

 しかし、実は2020年に年間68勝を挙げた後は成績が徐々に右肩下がりに。昨年は44勝に終わると、2017年から6年続いていた重賞勝利記録もストップしてしまった。

「2022年の香港C(G1)ではコンビで重賞2勝を飾るなど、藤岡佑騎手の代表的なお手馬だったジャックドールが武豊騎手に乗り替わりに。翌年には、そのまま武豊騎手とのコンビで大阪杯(G1)を勝つという苦い経験もありましたね」(競馬誌ライター)

「G1勝利」を境に覚醒!?

川田将雅の同期が「G1勝利」を境に覚醒!? 「最近めっちゃ輝いてる」低評価を覆す重賞騎乗機会3連続連対に絶賛の嵐!
ペプチドナイル 撮影:Ruriko.I

 近年では、若手騎手に交じってローカルで騎乗する姿も目立つようになっていた藤岡佑騎手。ただ先月開催されたフェブラリーS(G1)にペプチドナイルとのコンビで挑むと、11番人気の低評価を覆してG1制覇を成し遂げたことは記憶に新しい。

 およそ6年ぶりにG1勝利の美酒を味わった藤岡佑騎手は「たくさん『おめでとう』と声をかけていただいて、すごく嬉しかったです。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」と、まさに感無量といったコメントをレース後に残した。

 するとこの勝利をきっかけに何かが吹っ切れたのか、2日のチューリップ賞(G2)では9番人気の伏兵セキトバイーストを2着に導き桜花賞(G1)の優先出走権を獲得。そして先週は11番人気エトヴプレに初タイトルをもたらすなど、重賞騎乗機会3連続連対。11、9、11番人気で【2-1-0-0】という成績なのだから見事としかいいようがない。

 まさに絶好調といえる藤岡佑騎手の活躍ぶりには、SNSやネット掲示板でも「ペプチドナイルで勝って覚醒したのでは」「エトヴプレで押し切るとか上手すぎ」「最近めっちゃ輝いてる」「春のG1シリーズでも期待してます!」など、称賛の声が多数寄せられている。

 好調であるが故に優先出走権を獲得したエトヴプレとセキトバイーストが桜花賞でバッティングしそうだが、そんな嬉しい悲鳴も乗れているジョッキーの特権といえる。今週もこの男の手綱さばきから目が離せそうにない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅の同期が「G1勝利」を境に覚醒!? 「最近めっちゃ輝いてる」低評価を覆す重賞騎乗機会3連続連対に絶賛の嵐!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配