GJ > 競馬ニュース > イクイノックス・ロス!? C.ルメール「重賞未勝利」単勝1.9倍ドゥレッツァでも止まらぬ負の連鎖。最愛のアーモンドアイが引退した翌年は?
NEW

C.ルメール「重賞未勝利」単勝1.9倍ドゥレッツァでも止まらぬ負の連鎖。イクイノックス・ロス? 最愛のアーモンドアイが引退した翌年は

C.ルメール「重賞未勝利」単勝1.9倍ドゥレッツァでも止まらぬ負の連鎖。イクイノックス・ロス? 最愛のアーモンドアイが引退した翌年はの画像1
ドゥレッツァ 撮影:Ruriko.I

 10日、中京競馬場で行われた金鯱賞(G2)は、2番人気のプログノーシスが5馬身差で圧勝。昨年に続く連覇を決め、悲願のG1制覇へ大きく近づいた。

 完敗となったのが昨年の菊花賞馬ドゥレッツァ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 単勝1.9倍のドゥレッツァと単勝2.7倍のプログノーシスによる2強対決となった今年の金鯱賞だが、終わってみれば5馬身という大きな差がついた。

 無論、主戦のC.ルメール騎手が「2000mと3000mではリズムが違う」と指摘した通り、今回は前走・菊花賞の3000mから1000mも距離を短縮した一戦。「最後は伸びましたね。今回は休み明けでしたし、次はG1レベルで頑張ってくれると思います」と前を向いたように、本番は先であることを考慮すれば2着は上々の結果といえるだろう。

 だが、その一方でルメール騎手にとっては「勝っておきたかった一戦」だったかもしれない。

C.ルメール「重賞未勝利」単勝1.9倍ドゥレッツァでも止まらぬ負の連鎖。イクイノックス・ロス? 最愛のアーモンドアイが引退した翌年はの画像2
C.ルメール騎手

「実はルメール騎手の(今年の)重賞勝ちがまだないんですよね。今回の金鯱賞で14戦未勝利。今週は土曜の中山牝馬S(G3)でも1番人気のフィアスプライドに騎乗していました(9着)し『さすがに、そろそろ勝つか』と期待していましたが、またも空振りに終わってしまいました」(競馬記者)

 昨年はJRAだけでもG1・7勝を含む、重賞18勝と勝ちに勝ちまくったルメール騎手。しかし、今年の重賞では1月から7度の1番人気がありながら、2着4回、3着2回と寂しい結果に終わっている。

「思い出されるのは、やはり一昨年の2022年ですね。重賞初騎乗となったシンザン記念(G3)で単勝1.8倍のラスールで敗れると、そこからあれよあれよの連敗劇。“あの”ルメール騎手だけに周囲も『いずれ勝つだろう』とあまり気にしていませんでしたが、気が付けば春のG1シーズンが開幕しても未勝利のまま……。

初勝利を挙げたのはスターズオンアースで勝った5月のオークス(G1)。川田騎手で桜花賞(G1)を勝ちながら、異例の乗り替わりで巡ってきたチャンスでしたが、もしあれがなければ8月のキーンランドC(G3)になるところでした。

結局、この年のルメール騎手は年間を通じて歯車が噛み合わずに重賞も5勝だけ。リーディング5位の109勝に終わって、川田騎手に首位を明け渡したことで連続リーディングもストップしてしまいました。今年は、ここまで首位を走るリーディング争いこそ順風満帆といった感じですが、肝心の大レースの方は少し心配です」(別の記者)

 この日は単勝1.9倍のドゥレッツァで敗れてしまったこともあって「ルメールってまだ重賞勝ってないよね?」「まるで別人なんだが」「ルメール騎手はまだ冬眠中か」など、一部のファンの間でもルメール騎手を心配する声が……。

 中には「イクイノックス・ロスかも?」と昨年末に引退した盟友の存在を挙げる声もあった。

最愛のアーモンドアイが引退した翌年は?

 ちなみにアーモンドアイが引退した翌年の2021年は1月からフェアリーS(G3)、京成杯(G3)、アメリカジョッキークラブC(G2)と、いきなり重賞3勝を挙げたルメール騎手。最終的にG1・5勝を含む年間重賞17勝と、アーモンドアイ・ロスを感じさせない活躍ぶりだった。

 先日、YouTubeの「JRA-VANチャンネル」で公開された『【100の質問】C.ルメール騎手 前半戦』で「暑いのと、寒いのではどちらが好き?」という質問に「暑い」と答えていたルメール騎手。やはり寒いのは苦手なようだが、そろそろ本来の勝負強さを取り戻しておきたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「重賞未勝利」単勝1.9倍ドゥレッツァでも止まらぬ負の連鎖。イクイノックス・ロス? 最愛のアーモンドアイが引退した翌年はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  3. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  6. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  7. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート