GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「ベタ惚れ」イクイノックスの後継者が2連勝! 3馬身圧勝でクラシックへ視界良好も、同時に評価が上がり続ける「あの大物」
NEW

C.ルメール「ベタ惚れ」イクイノックスの後継者が2連勝! 3馬身圧勝でクラシックへ視界良好も、同時に評価が上がり続ける「あの大物」

C.ルメール「ベタ惚れ」イクイノックスの後継者が2連勝! 3馬身圧勝でクラシックへ視界良好も、同時に評価が上がり続ける「あの大物」の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

ルメール騎手「これからもっとレベルアップできますよ」

 9日、中山競馬場で行われた7R・3歳1勝クラス(芝2000m)は、1番人気のヘデントール(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が勝利。単勝1.4倍に推された大器が3馬身差の圧勝で2連勝を飾り、春のクラシック参戦へ大きく前進した。

 11頭立て、芝2000mのレース。ヘデントールは課題のゲートこそ無難にクリアしたもののダッシュがつかずに結局、最後方から。だが、レース後に鞍上のC.ルメール騎手が「スタートは遅いんですが、そこから段々と良い脚を使ってくれます」と振り返った通り、勝負所から進出を開始すると、3、4コーナーでひと捲り。先頭集団に並びかけて最後の直線を迎えると、豪快に突き放してゴールした。

「ここでは力が違いましたね。2着のヤマニンアドホックも鞍上の津村明秀騎手が『良い競馬ができた』と自画自賛するほどの好内容でしたが『相手が悪かったです』と白旗を揚げていました。

スタートは大きな課題ですし、口向きやハミの受けなど、まだまだ全体的に幼さが目立ちますが、ルメール騎手は『1戦1戦良くなっている』と手応えを感じているようです。ただ、距離の方は2000mでも短いかもしれません。ゆったり走れる分、距離は長ければ長いほど良さそうなタイプ。遅咲きのルーラーシップ×ステイゴールドと、春の皐月賞(G1)や日本ダービー(G1)よりも秋の菊花賞(G1)が楽しみな血統だと思います」(競馬記者)

 記者の話を聞く限りでも完成はまだまだ先といった様子だが、そんな成長過程での2連勝は非凡な才能の証だろう。ルメール騎手と木村哲也厩舎といえば、イクイノックスをじっくりと育てて大きく開花させたコンビだけに、嫌が応にも期待が膨らむ。

同時に評価が上がり続ける「あの大物」

 その一方で、このヘデントールの圧勝劇で、さらに評価を上げた馬がいる。

「先月の共同通信杯(G3)を勝ったジャスティンミラノ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)ですね。昨年11月の新馬戦でヘデントールを2着に退けたのが本馬。それも1馬身3/4差をつける完勝でした。

2歳王者ジャンタルマンタルを退けたことで一躍クラシックの有力候補に名が挙がっているジャスティンミラノですが、ヘデントールの2連勝はその能力の裏付けになっています。皐月賞・日本ダービーの主役は、この馬になるかもしれませんね」(別の記者)

「能力があるし、これからもっとレベルアップできますよ」

 レース後、ルメール騎手からそう改めて期待を掛けられたヘデントール。果たして、再びジャスティンミラノと矛を交えるのは日本ダービーか、それとも秋の菊花賞か。いずれにせよ、2度目の顔合わせが大きな舞台になることは、ほぼ間違いなさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「ベタ惚れ」イクイノックスの後継者が2連勝! 3馬身圧勝でクラシックへ視界良好も、同時に評価が上がり続ける「あの大物」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配