GJ > 競馬ニュース > ライバル“失速”の陰で社台ファームが躍進!?
NEW

今年も億超え連発!「セレクトセール2024」が終了…ライバル“失速”の陰で社台ファームが躍進!?

画像はイメージ
画像はイメージ

 今年の夏も北の大地で“札束の殴り合い”が展開された。

 8~9日の2日間にわたって北海道・苫小牧市のノーザンホースパークで行われた、国内最大級のセリ市『セレクトセール2024』。初日の8日は、デルフィニア2の2023が、1歳部門で史上最高額となる5億9000万円(税抜き、以下同)で取引され、場内を沸かせた。

 当歳馬が登場した2日目は、セリエンホルデの2024がこの日の最高額となる4億1000万円で落札されるなど、2日間の取引総額は合計289億1800万円にも上った。これは過去最高の昨年を上回る盛況ぶりだった。

 2日間で取引された455頭のうち、1億円以上で取引されたのは64頭。そのうち10頭が3億円以上の高値をつけた。

 積極的にセリに参加し、盛り上げたのはおなじみダノックスや『ウマ娘』オーナー・藤田晋氏ら。数年後には競馬場に舞台を移して相まみえることになるが、果たしてどのオーナーが“当たり”を引いたのかはその時になってみないと分からない。

 ただ、生産者側の視点で見ると、社台ファームを勝者と呼んでもいいかもしれない。

「復権へ着々」社台ファームが躍進!?

 社台ファーム名義のほか、社台ブラッドメアなどが名を連ねた“チーム社台”。昨年は12頭が1億円以上の値をつけ、1頭あたりの平均取引価格は5615万円だった。

 ところが、今年は1億円以上が17頭に増加しただけでなく、1頭あたりの平均取引価格も前年比113.6%の6380万円に上昇した。

 一方で、やや失速したのが同じ社台グループのノーザンファームだ。こちらはノーザンレーシングの名義でも多数上場していたが、1億円以上で取引された馬は、昨年の36頭から37頭へ1頭増えただけ。1頭あたりの平均取引価格にいたっては、8142万円から7936万円に微減という結果に終わった。

「社台ファームの勢いがセリでも止まりませんでしたね。今年は生産馬のダノンデサイルが日本ダービー(G1)を制するなど、かつての強さが戻ってきた印象です。今年のセレクトセールでは社台ファームから久々に3億円ホースも誕生しましたし、数年後にはかつてのようにノーザンファームと熾烈なリーディング争いを展開することになっているかもしれませんよ」(競馬記者)

 記者が言うように、今年に入ってから社台ファームとノーザンファームの差は一気に縮まっている。今年のJRA重賞勝利数はノーザンファームの16勝に対して、社台ファームは12勝で4勝差。昨年の同時期はノーザンファームが25勝、社台ファームが10勝だったので、違いは一目瞭然だ。

 先月1日には外厩施設『社台ファーム鈴鹿トレーニングセンター』を三重県にオープン。近年は収得賞金額でダブルスコアをつけられることが当たり前になっていたノーザンファームの打倒に向けて、社台ファームは着実に歩を進めている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今年も億超え連発!「セレクトセール2024」が終了…ライバル“失速”の陰で社台ファームが躍進!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?