GJ > 競馬ニュース > 天下の社台ファーム×社台レースホースが10年間未勝利?スターズオンアースも勝てない古馬G1。中山記念に挑むソールオリエンスが今年超えるべき壁とは
NEW

天下の社台ファーム×社台レースホースが10年間未勝利?スターズオンアースも勝てない古馬G1。中山記念に挑むソールオリエンスが今年超えるべき壁とは

【この記事のキーワード】, ,
天下の社台ファーム×社台レースホースが10年間未勝利?スターズオンアースも勝てない古馬G1。中山記念に挑むソールオリエンスが今年超えるべき壁とはの画像1
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 今週末に行われる中山記念(G2)で昨年の皐月賞馬ソールオリエンスが復帰する。この春はドバイ遠征ではなく、大阪杯(G1)に照準を定めており、復帰初戦のここで勢いを付けるべく陣営も力が入っていることだろう。だが、ここで1つ気になる点がある。それは同馬を生産した社台ファーム、そして馬主の社台レースホースが日本中央競馬会(JRA)の古馬G1で不振ということだ。

 ノーザンファーム×サンデーレーシングとともに、社台グループの双璧をなす社台ファーム×社台レースホースの組み合わせであるが、実はここ10年ほどJRAの古馬G1レースを勝利していないという意外な事実がある。昨年は皐月賞(G1)をソールオリエンスが勝利し、ジャンタルマンタルが朝日杯フューチュリティS(G1)を勝利。二冠牝馬スターズオンアースも有馬記念(G1)でドウデュースの2着に好走するなど活躍した。

 だがG1の勝利は3歳まで。最後に古馬のG1レースを勝利したのは2013年12月ジャパンCダート(G1・現チャンピオンズC)のベルシャザールというから驚き。さらに芝の古馬G1レースは2008年にファイングレインが勝利した高松宮記念(G1)とさらに5年前。また王道路線と呼ばれる古馬混合芝2000m以上のG1レース(大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念)に限ると、なんと2005年にディープインパクトを破ったハーツクライの有馬記念が最後の勝利なのだ。

 ちなみに社台レースホースの所有馬に厳選せず、社台ファームの生産馬という範囲に広げても、古馬王道路線の勝利は2014年にスピルバーグが勝利した天皇賞・秋まで遡るのである。一方でライバルであるノーザンファームは、イクイノックス、ドウデュース、ジャスティンパレスで昨年の天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念を制しただけでなく、サンデーレーシングが所有するソングラインでヴィクトリアマイル(G1)と安田記念(G1)、ママコチャでスプリンターズS(G1)という古馬のG1レースを多数勝利。その圧倒的な実績に対し、昨年10月に都内で行われた社台グループの謝恩会で社台ファームの吉田照哉代表が

「ノーザンファームばかり勝っている」

 とコメントしていたが、これは事実に基づく本音だろう。まさに同じ社台グループでも差は開く一方なのである。

 ただし、これは社台ファームと比較してノーザンファームだけが突出しているわけではない。例えば生産者リーディングでは社台ファームの下位に位置する岡田スタッドは、タイトルホルダーで2022年に天皇賞・春や宝塚記念を勝利し、2016年にはサウンドトゥルーでチャンピオンズC(G1)も勝利。下河辺牧場は2014年にマイルCSを勝利し、ノースヒルズはコントレイルで無敗のクラシック三冠を達成しただけでなく、2021年にはジャパンCを勝利。また三嶋牧場は生産数が年間60~70頭ほどと社台ファームの5分の1程度だが、それでも2023年に高松宮記念、2021年にも安田記念を勝利している。

 つまり他のリーディング上位の生産牧場は、ノーザンファームほどではないものの、それなりに古馬のG1レースを勝利している。それに対し、まさか天下の社台ファームが、10年以上も勝てていないのは不思議というほかない。これには社台ファームの生産馬に共通する何かがあるのだろうか。

 そんな社台ファームが今年期待を寄せるのは、5歳の牝馬で今年がラストチャンスとなる2年前の二冠牝馬スターズオンアース。今週末の中山記念に出走する皐月賞馬ソールオリエンス。香港のクイーンエリザベス2世C(G1)2着、昨秋の天皇賞・秋で3着に好走したプログノーシス。昨年暮れの香港ヴァーズ(G1)2着ゼッフィーロ。昨年の日本ダービー(G1)4着、京都記念(G2)2着のベラジオオペラといったあたりか。

 その中でも、やはりソールオリエンスにかける期待は大きいだろう。昨年の有馬記念は8着に敗退しているが、皐月賞で見せた末脚は一級品。日本ダービーも僅差の2着に好走しており、同じキタサンブラック産駒のイクイノックスが歴史的名馬となって引退しただけに、ファンの注目も否が応でも高まるからだ。

 そのソールオリエンスが出走する中山記念は、ジオグリフやエルトンバローズ、イルーシヴパンサー、ヒシイグアス、ソーヴァリアント、マテンロウスカイ、ラーグルフ、ドーブネと好メンバーが揃った。その中でソールオリエンスがどんなレースを見せるのか、初コンビを組む田辺裕信騎手の手綱捌きとともに注目したい。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

天下の社台ファーム×社台レースホースが10年間未勝利?スターズオンアースも勝てない古馬G1。中山記念に挑むソールオリエンスが今年超えるべき壁とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  3. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  4. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  5. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  6. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  7. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  8. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 「武豊を追いかける」証拠映像がジョッキーカメラに!? 「マークする相手を間違えました…」前日重賞初Vの若武者が敗戦の弁