GJ > 競馬ニュース > イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感
NEW

イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感

【この記事のキーワード】, ,
イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感の画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 初G1勝利を挙げた2年前の天皇賞・秋(G1)から始まった快進撃を6連勝で飾り、世界最強馬の名に恥じない走りを披露したイクイノックス。昨年のジャパンC(G1)優勝を機に現役を引退し、種牡馬入りが決まったスーパーホースの種付け料は、まだ産駒がデビューしていない段階で、内国産馬の初年度種付け料としては史上最高額の2000万円(受胎条件)に設定された。

 これは父キタサンブラックと並ぶトップタイ。これだけ強気な価格設定ながら既に満口というのだから驚きだ。

 また、イクイノックスのラストランとなったジャパンCで4着に敗れたものの、暮れの有馬記念(G1)で華々しい復活勝利を挙げたのが、ライバルのドウデュース。秋2戦は思わぬアクシデントで武豊騎手が不在の敗戦だったものの、パートナーの実力を誰よりも知る主戦の復帰が失地回復に繋がった。

あのイクイノックスやドウデュースを倒した実力馬に激走の予感

イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感の画像2
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 しかし、そんな歴史的名馬の2頭ですら皐月賞(G1)で敗れた過去を持っていることは周知の通り。当時の超大物たちをまとめて負かした馬がジオグリフ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)である。

 このときジオグリフを操ったのは、まだ現役だった福永祐一騎手(現調教師)。ゴール前でイクイノックスとの叩き合いを制し、ドウデュースの追い上げも凌いだ巧みな手綱捌きは、本人にとっても会心の神騎乗だったに違いない。

 とはいえ、次走の日本ダービー(G1)以降で同世代の強敵とは、戦績で大きな差がついた。直接対決でも連戦連敗を喫した結果、芝ではなくダート転向も決断したが、ここまで4戦して4着が最高。ついには一部のファンから、「なぜイクイノックスやドウデュースに勝てたのだろう」と不思議に思う声すら出ているのが現状だ。

 そんな悩める皐月賞馬が今年の始動戦に選択したのは、25日に中山競馬場で行われる中山記念(G2)の舞台。21日現在で『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると、ジオグリフは12番人気の想定となっている。もしイクイノックスやドウデュースが出走していれば、断然人気を集めると考えられるだけに、彼らを破ったことのある馬としては、いくら近走が不振だったとしても軽視され過ぎの感はある。

 その一方で激走の予感が全くないという訳でもない。実はジオグリフが中山コースを走るのは、アノ皐月賞以来となる2度目。かつて栄冠をつかんだ思い出の地で久々の勝利の美酒に酔う可能性も十分にありそうだ。

 中間の気配が悪くないのも復調を感じさせる。21日の追い切りは美浦のWコースで3頭併せを敢行して6F84秒9-ラスト1F11秒4の好タイムをマーク。陣営によると「気持ちで走るタイプ」だけに休み明けも苦にしないだろう。

 そして今回手綱を取るのが初コンビの戸崎圭太騎手である点も心強い。今年のフェブラリーSでは、かつて騎乗したこともある有力馬が複数いながら、最終的に騎乗依頼がないまま見学。東海S(G2)で騎乗したオメガギネスまでC.ルメール騎手に乗り替わる不運も経験した。

 だが、ルメール騎手が手綱を取ったオメガギネスはフェブラリーSで大敗。このまま“ツイてない男”で終わらなかったことは、戸崎騎手にとって状況が好転したといえるのではないか。鞍上は共同通信杯(G3)を制して好調。週末の天気も崩れそうなだけに、先週に続いて中山記念も波乱の予感がする。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感