GJ > 競馬ニュース > 関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?
NEW

関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?

【この記事のキーワード】, ,

関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?の画像1

 18日に行われたフェブラリーS(G1)は11番人気の伏兵ペプチドナイルが優勝し、2着に5番人気ガイアフォース、3着に13番人気セキフウが入る波乱の幕切れ。2桁人気馬の1着は2014年コパノリッキー以来となった。

 また今年最初のG1レース開催日とのこともあり、大いに盛り上がりを見せた東京競馬場では、3Rに2021年生まれの競走馬による関東圏で最後の新馬戦も行われた。

 ダート1400m、フルゲート16頭で行われたこの1戦は、B.ムルザバエフ騎手騎乗のビッグフラワー(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)が単勝1番人気の支持に応え優勝。同騎手はレース後コメントで「キックバックも最初は嫌がっていたけどすぐに受け入れてくれた。距離も1600mくらいまでなら持つと思います。いい馬です」と高評価を与えた。

 一方、このレースではある1頭の競走馬もSNSやネット掲示板で一部ファンから注目を集めていた。それがアイリュール(牝3歳、美浦・田中剛厩舎)だ。

「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!

 コパノリッキー産駒の同馬は母ミンナノアイドル、母父がオグリキャップ。現在の中央競馬で唯一、馬柱で「オグリキャップ」の名を見ることができる希少な血統だ。

 母ミンナノアイドルは現役時代「芦毛の怪物」と呼ばれたオグリキャップの最後の産駒である。アイリュールは半兄のストリートキャップ以来、母の産駒として7年半ぶりの中央勝利が期待されていた。

 なおミンナノアイドルは2019年にキタサンブラックとの間に仔馬をもうけるはずだったが、残念ながら死産という形でこの世に生を受けることはなかった。そのような悲しい出来事も乗り越えてアイリュールは生まれてきた。

 8番人気でレースを迎えたアイリュールは、中団で競馬を進めたが、1着馬ビッグフラワーから1.1秒差の8着でゴール。デビュー勝ちこそ飾れなかったものの、「令和の時代に母父オグリキャップが見られるとは感慨深い」「これからも応援し続けます」といった声もファンからは聞かれた。

 また、騎乗した柴田大知騎手は以前『競馬ラボ』で連載しているコラム『柴田大知の進化論』の中で「背中が良くて走ってきそうな馬」と将来性を評価。生産者の佐藤牧場もXで「そこまで悲観する内容でもなかったと思います」「これからの成長と頑張りに期待したいと思います」と発信しており、ここを使われての上積みが期待できそうだ。

 今回のレース結果は残念だったが、無事にデビュー戦を終えたアイリュールは、オグリキャップの血を引き継ぐ馬として、次走以降も注目の存在になるだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬