GJ > 競馬ニュース > 武豊メイケイエール「出遅れ」は確信犯!?
NEW

JRA武豊メイケイエール「出遅れ」は確信犯!? 阪神ジュベナイルF(G1)安藤勝己氏「ユタカちゃんが意図的に……」4着も工夫凝らした騎乗に賛辞続々!

JRA武豊メイケイエール「出遅れ」は確信犯!? 阪神ジュベナイルF(G1)安藤勝己氏「ユタカちゃんが意図的に……」4着も工夫凝らした騎乗に賛辞続々!の画像1

 13日、阪神競馬場で行われた2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルF(G1)は、1番人気のソダシがハナ差の接戦を制して優勝。白毛馬として、史上初のG1制覇を成し遂げた。

 一方、来春の桜花賞(G1)に向け「課題」を露呈したのが、ソダシ、サトノレイナスらと「3強」の一角に推された3番人気メイケイエール(牝2歳、栗東・武英智厩舎)だ。

「惜しかったね」

 18頭立てで行われた芝1600mのレース。大外18番からのスタートとなったメイケイエールは、鞍上の武豊騎手がゆっくり出して後方から。勝負所の3、4コーナーで掛かり気味に先頭集団に並びかけると、最後の直線では一度先頭に立つ走りを見せたが、そこから失速……。最後は上位3頭に交わされて、4着という結果に終わった。

 レース後、武豊騎手は「前半はいい感じで3コーナーまで行けたけど……掛かりましたね。なかなか折り合いがつかなくて、そこがロスになっている分、最後は甘くなってしまった」と敗因を分析。

 最大の課題となる折り合い面に苦労した結果、ハナ+クビ+半馬身だけ頂点に届かなかった。

「武豊騎手が大外枠の利を最大限に活かして乗ったんですけどね……。スタート直後の直線から、最初のコーナーに入るギリギリのところまで、あえてずっと馬群に近づかせないよう大きく外を走っていました。

しかし、そんな武豊騎手の作戦も空しく、馬込みに入れてからは前走と同じように前へ前へ行きたがるレースぶり。鞍上も必死になだめていましたが、あれでは最後に失速してしまうのも無理はないかと。

ただ、逆に言えばあの競馬で差のない4着だったわけですから、やはり世代トップクラスの実力を秘めていることは間違いないと思います。武英智調教師、武豊騎手を始めとした陣営が、来春の桜花賞(G1)までにどういった対策を講じるのか。手腕が問われるところです」(競馬記者)

 また、この日はスタートで遅れて後方からの競馬になったメイケイエールだが、どうやらあえて出遅れたのかもしれない。レース後、元JRA騎手のアンカツこと、安藤勝己氏が自身のTwitterで「ユタカちゃんが意図的にスタート遅らせた」と分析している。

JRA武豊メイケイエール「出遅れ」は確信犯!? 阪神ジュベナイルF(G1)安藤勝己氏「ユタカちゃんが意図的に……」4着も工夫凝らした騎乗に賛辞続々!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!