GJ > 競馬ニュース > ポタジェ 凡退予感させる致命的な割引材料
NEW

JRA「5戦5勝」川田将雅に捨てられたポタジェ! 金鯱賞(G2)代打・北村友一の迷采配…… 凡退予感させる致命的な割引材料

【この記事のキーワード】, ,

JRA「5戦5勝」川田将雅に捨てられたポタジェ! 金鯱賞(G2)代打・北村友一の迷采配…… 凡退予感させる致命的な割引材料の画像1

 14日、中京競馬場では金鯱賞(G2)が開催される。大阪杯(G1)やドバイ・香港など海外G1へのステップとして出走してくる馬もいるなか、重賞初挑戦のポタジェ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が一線級に胸を借りる。

 同馬は現在4連勝中の上がり馬で、デビューから「5-3-0-0」とパーフェクト連対を誇るポタジェ。先行力と長く使える末脚を兼備し、底知れぬ素質を秘めた期待馬だ。

 そんなポタジェの背中を最もよく知るのがコンビ通算5戦5勝の川田将雅騎手。しかし、川田騎手はG1馬グローリーヴェイズの騎乗を選択したため、今回はテン乗りの北村友一騎手に乗り替わる。

「陣営としては相性抜群の川田騎手に乗ってもらいたかったのが本音だと思います。ただ北村友騎手も、昨年クロノジェネシスで春秋グランプリ制覇を果たすなど、力のある騎手です。中京コースも得意としており、代打としては申し分のない人選だと思いますよ」(競馬記者)

JRA「5戦5勝」川田将雅に捨てられたポタジェ! 金鯱賞(G2)代打・北村友一の迷采配…… 凡退予感させる致命的な割引材料の画像2

 実際に北村友騎手がアルアインでG1初制覇を果たした19年大阪杯もテン乗りではなかったものの、乗り替わりでの勝利だった。その後も19年ファンタジーS(G3)をレシステンシア、20年平安S(G3)をオメガパフューム、そして今年のきさらぎ賞(G3)をラーゴムで乗り替わり制覇するなど、JRA重賞通算27勝のうち10勝を乗り替わりで挙げている。

 また、今回のポタジェと同じように、前走で川田騎手が手綱を取っていた馬に騎乗した時も好成績を収めている。通算成績は212戦して、「30-31-21-130」、勝率は14.2%に上り、単勝回収率と複勝回収率は、ともに100%超え。川田騎手に見捨てられ、人気落ちした馬でも3着以内に持ってきている証しだ。

 ただし、この212レースをクラスレベルで2つに分けると思わぬ落とし穴が待っている。

【川田騎手→北村友騎手乗り替わり時クラス別通算成績】
~3勝クラス 「30-27-21‐109/187」(16.0%/30.5%/41.7%)
オープン~  「0-4-0-21/25」(0.0%/16.0%/16.0%)
※カッコ内は左から勝率、連対率、複勝率

 川田騎手からの乗り替わりで北村友騎手が挙げた30勝は、実はすべて3勝クラス以下でのもの。オープンクラス以上では25戦して、2着は4回あるが未勝利である。さらに重賞レースだけに絞ると「0-1-0-13」で、馬券圏内は17年京成杯(G3)のガンサリュート(7番人気2着)の1度しかない。

 勝ち鞍は、未勝利戦や1勝クラスの平場が中心。上のクラスでは逆に狙いにくい乗り替わりと言えるかもしれない。重賞レースにおける「川田将雅に代打・北村友一」はまたもや凡退に終わってしまうのだろうか……。

JRA「5戦5勝」川田将雅に捨てられたポタジェ! 金鯱賞(G2)代打・北村友一の迷采配…… 凡退予感させる致命的な割引材料のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?