GJ > 競馬ニュース > 【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!
NEW

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!

【この記事のキーワード】, ,

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!の画像1

 2月5日、東京競馬場では東京新聞杯(G3)が行われる。今後のマイル路線を占う上でも重要な一戦を展望していこう。

 重賞未勝利ながら強烈な末脚を武器に主役の座を狙うのは、エピファネイア産駒のジャスティンカフェ(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 昨年の今頃はまだ2勝クラスで勝ちあぐねていたが、昨年3月に2勝クラス、同5月に3勝クラスを連勝し、一気にオープン入りを果たした。

 昇級初戦のエプソムC(G3)では、それまでの切れ味鋭い走りが評価され、1番人気に推された。しかし、メンバー最速の上がり時計をマークするも、道中の位置取りが後ろすぎたこともあって、脚を余す形で4着に敗れている。

 秋は毎日王冠(G2)から始動。ここでも後方待機策を取り、最後の直線に懸けた。大外を回って、いったんは先頭に躍り出たが、内からサリオスに差し返されての2着。ただし、賞金加算には成功し、陣営は大目標をマイルCS(G1)に定めた。

 7番人気で迎えた秋のマイル王決定戦。毎日王冠に続き手綱を取った福永祐一騎手を背にジャスティンカフェは五分のスタートを切ったが、ダッシュがつかず道中は後方のインを追走した。終始内ラチ沿いをロスなく運んで最後の直線を迎えると、抜群の手応えでインを選択。ところが、直線半ばで前が塞がる大きな不利に遭い6着に終わった。

「突き抜けるような手応えだったけど、前の馬がフラついていて…スムーズだったら。もったいなかった」という福永騎手のレース後コメントがすべてを物語っていた。

 前走に続き鞍上を託されたのは、引退までカウントダウンに入った福永騎手。1か月後に迫った引退を前に、前走の悔しさを晴らすことができるか。

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!の画像2
ナミュール

 ナミュール(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)は、阪神JF(G1)と桜花賞(G1)で1番人気に推された現4歳世代の牝馬では屈指の素質馬だ。

 しかし、これまで獲得した重賞タイトルは昨年3月のチューリップ賞(G2)のみ。牝馬三冠レースには皆勤したものの、桜花賞10着、オークス(G1)3着、秋華賞(G1)2着と栄冠には手が届かなかった。

 G1初制覇の期待を胸に、前走のエリザベス女王杯(G1)では古馬に初挑戦。デアリングタクト、スタニングローズに次ぐ3番人気に支持されたが、重馬場も合わなかったか、勝ったジェラルディーナから0秒7差の5着と期待を裏切る結果に終わった。

 今回は桜花賞以来となるマイル戦で仕切り直しの一戦。東京マイルコースはデビュー2戦目の赤松賞(2歳1勝クラス)で快勝しており、コース替わりと一気の距離短縮はプラスとなるだろう。

 牡馬と対峙するのはキャリア9戦目で初めて。引き続き横山武史騎手を背に、試金石の一戦を迎える。

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!の画像3
ピンハイ

 昨年のチューリップ賞でナミュールの2着に好走したのがピンハイ(牝4歳、栗東・田中克典厩舎)である。

 当時はキャリア1戦、しかもデビュー戦から5か月ぶりということで、単勝オッズ229.8倍の超大穴だったが、サークルオブライフやウォーターナビレラに堂々先着。さらに続く桜花賞で5着に好走すると、距離不安が囁かれたオークスでも4着とその実力を示した。

 秋は三冠目の秋華賞に登録するも、賞金不足で除外。自己条件の西宮S(3勝クラス)へ回り、キャリア5戦目で初めて1番人気の支持を受けた。

 ここでノースザワールドら骨っぽい古馬の牡馬相手に上がり最速の末脚を繰り出して完勝を収めると、続くエリザベス女王杯では注目の1頭として6番人気に支持された。しかし、結果はデビュー6戦目で初めて掲示板を外す9着。その後は放牧に出され、約3か月ぶりの復帰戦を迎える。

 今年最初のマイル重賞、京都金杯(G3)で2~3着に好走した2頭にも注意が必要だ。

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!の画像4
エアロロノア 撮影:Ruriko.I

 京都金杯2着を上回る1着を狙うのは、武豊騎手とのコンビで臨むエアロロノア(牡6歳、栗東・笹田和秀厩舎)だ。

 これまで重賞ではやや力不足の印象があったが、前走の京都金杯では2着。最後の直線をスムーズに捌いていれば、イルーシヴパンサーと際どい勝負になっていたはずだ。2走前のマイルCSでも差のない競馬をしており、ここで重賞初勝利を飾っても何ら不思議ではない。

 京都金杯でエアロロノアから3/4馬身差の3着に粘り込んだのはプレサージュリフト(牝4歳、美浦・木村哲也厩舎)。昨年の牝馬三冠レースはオークスの5着が最高着順だったが、このコースでは新馬、クイーンC(G3)と連勝している。この馬にとっては最も力を出せる条件といえるだろう。

 これ以外には、昨年の関屋記念(G3)を制したウインカーネリアン(牡6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)、初マイルの前走・京都金杯で0秒3差の6着と距離短縮に対応したオニャンコポン(牡4歳、美浦・小島茂之厩舎)、昨年のNHKマイルC(G1)で2着に好走したマテンロウオリオン(牡4歳、栗東・昆貢厩舎)などが出走を予定している。

 ここを勝って春の安田記念(G1)やヴィクトリアマイル(G1)へ弾みをつけるのはどの馬になるのか。注目の一戦は、2月5日の15時45分に発走を迎える。

【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  4. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分