GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 4号機名機伝説『ピンクパンサー』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】
NEW

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像1

 1993年春にリリースした4号機第1弾『ニューパルサー』が累計販売台数23万という史上空前のメガヒットを記録し、4号機市場におけるイニシアチブを完全に掌握した山佐。

 続く第2弾『ダイバーズXX』も「ニューパル人気」の追い風もあって好セールスを記録するが、第3弾の『セブンリーグ』は「A-A-cタイプ」と称する特殊な仕様とスペックが仇となり、残念ながら不振に終わってしまう。

 が、そんなことなどものともせず、再び山佐はシーンを賑わすことになる力作を送り出す。世界的に有名な映画のキャラクタをモチーフにしたパチスロでは初のタイアップ機、『ピンクパンサー』である。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像2

 濃淡2パターンのピンクを基調としたパネルには、お馴染みのキャラクタが描かれ、ビッグ絵柄には主人公のピンクパンサー、リプレイ絵柄にはクルーゾー警部が用いられるなど、原作の世界観が忠実に再現された本作。

 しかし、仕様自体は『ニューパルサー』や『ダイバーズXX』をそっくりそのまま受け継ぐ、きわめてオーソドックスなAタイプとなっており、役構成や払い出しは前2作となんら変わらない。

 低設定ほどビッグに偏ったスペックも同様。前2作と比較してみると、ビッグは「ダイバーズXX」と同じで、REGが低設定域で少し辛くなっている程度だ。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像3

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像4

 ゲーム面での最大のセールスポイントは、ほかでもない。緻密なテーブル制御が繰り出す、山佐伝統の「大量リーチ目」である。その総数は、当時のパチスロ必勝ガイドの解析によると、なんと「1383」。代表的なパターンを、ご紹介しておこう。

 例によって基本となるのは、ボーナス絵柄の組み合わせが特定のラインに並ぶ、いわゆる「山佐型」。

 しかし、ボーナス絵柄の配置変更によって誕生した、左リール中段「パンサー」からのパターンが原作のそれと同様、なかなかのクセものだった。

 一目見てそれとわかる一直線型よりも、それを避けたかのようにボーナス絵柄が変則的に並ぶパターンが多々あったのである。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像5

 一方、ボーナスフラグ成立後の「チェリー付きリーチ目」については、『ニューパルサー』と同様、左→右でボーナス絵柄がハサめば問答無用で鉄板となったが、ハサミ目にはならないパターンも多く、これもまた原作の主人公のように、なかなかのクセものだった。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像6

 その他、2リール確定目や小役ハズレ目を含め、各リールにボーナス絵柄が停止しない一見すると難解なパターン(いわゆる代用絵柄停止型)も多く存在し、そこがまたマニアの探求心をくすぐった。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像7

 技術介入要素についても触れておこう。

 出玉性能に関わる部分については前2作を完全踏襲する本作、ビッグ中は例によってリプレイハズシを駆使することで、相応の出玉上乗せが可能。

 しかし、要所要所で正確無比なビタ押しが要求されるため、難易度は激高。にもかかわらず肝心の効果は実戦値でプラス10枚ちょっとと、ほとんど自己満足レベルだった。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像8

 一方、通常時は例によって高低2種類ある小役確率を切り替え、払い戻し率を一定に保つ小役補正システムを搭載。

 しかし、その効きがかなり甘かったようで、実戦では打ち方によって千円あたり2ゲーム近い差がついた。まぁ、あくまでも実戦上の値なので、ちょっとデキすぎな感じも否めないが…。

 なお、小役補正システムの要となる差枚数カウンターの減算値が、設定1~4,5,6で異なるため、所定の手順を踏むことで高設定台を見抜くことが可能だった。

 パチスロ史上初のタイアップ機という話題性はもとより、山佐のマシンとしての高い完成度が評価されヒットとなった『ピンクパンサー』。

 その遺伝子は、1999年にリリースされた同社初のCT機『ピンクパンサー3』、そして20年あまりの沈黙をやぶって昨年春にリリースされたシリーズ第3作『ピンクパンサーSP』へと受け継がれ、好評を博すのであった。

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】の画像9

アニマルかつみ

アニマルかつみ

兵庫県尼崎市出身。1992年春にパチスロ必勝ガイドのライターとなり、以来30年にわたってメディア人の立場から業界の変遷を見つめてきた大ベテラン。ぱちんこ・パチスロの歴史に関しては誰にも負けない博識を持つ。最近ではYouTube動画チャンネル「ぱち馬鹿」のメンバーとして、各種企画の制作や出演、生配信などにも精を出している。ライター稼業のかたわら、ロックバンドのベースプレイヤーとしても活動中。愛猫家。昭和レトロ好き。

Twitter:@anikatsu213

パチスロでは初となる「キャラクター・タイアップマシン」~4号機名機伝説~山佐『ピンクパンサー』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.127】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合