GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!
NEW

【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!

【この記事のキーワード】, ,

【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!の画像1

高突入×高継続が特徴のハイスペック機

 先日、大手メーカー・サミーが最新パチンコ『P七つの大罪2 神千斬りver.』のリリースを発表しました。2022年に導入の『P七つの大罪2』をかなり打ち込んでいたこともあり、今作も楽しみにしています。

 前作はミドルタイプで突入率・継続率が共に約77%ということが特徴的でした。右打ちの出玉はALL1,500発。さらに約38.5%が「3,000発+α」に期待できるハイスペック仕様だったので、個人的な勝率は高かった印象です。

【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!の画像2 大きく3万発といった超出玉はありませんでしたが、万発以上は10回以上経験していますね。ただ、一方で苦い思い出もあり…。

考えたくないほどの大負け

 今も鮮明に記憶に残っているのですが、RUSHを5連続スルーしたことがあるんですよね。初当りは「これ本当にミドルタイプか?」と疑うほど軽かったんですけど、出玉が全く伸びず気づけば投資は15,000発。ここ数年で一番ストレスが溜まった実戦だったと思います。

 だって、11回転(時短7回+残保留4個)で1/8.8を当てるRUSHを5連続駆け抜けですからね。一応、6回目に初めて連チャンしましたが、結局4連。その出玉も使い切り、考えたくもないほど大負けしました。

 最後に写真だけ撮りましたが、今見ても酷い結果…。初当りが軽かったのは救いだったかもしれません。

【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!の画像3

 ちなみに最新作は「継続率約92%」ということで、連チャン性能が高くなっています。そのため、本記事の実戦のような連続スルーなんてことは、ほとんどないでしょう…ないと信じています。

 1回の大当り出玉が大きいのも魅力的ですが、細かい当りを積み重ねていくゲーム性も好きなので、前作同様に打ち込むかもしれません。

 また、基本的にミドルタイプで出したマシンをライトミドルで再リリースとなれば、演出はほとんど変わらないモノなのですが、サミー公式サイトでは完全新規の演出を多数搭載と紹介しています。最新作ではそういった面にも注目したいですね。

SYU39

SYU39

大学生からパチンコ・パチスロにハマり授業が終わっては打つ日々を送っていた。歴としては2019年から現在までと浅いが、解析に出ていない新台を考察することが得意。普段は設定狙いからボーダーを意識して立ち回っているが収支は自慢できるほどではなく趣味として楽しめている程度である。当サイトでは有益な実戦記事や考察記事などを作成していきたい。好きなコンテンツは『戦姫絶唱シンフォギア』と『バイオハザード』。

Twitter:@syu39pac

【パチンコ実戦】高比率で「3,000発+α」ハイスペック機に苦い思い出あるも… 連チャン性能「大幅アップ」の最新作に熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合