GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】
NEW

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】

【この記事のキーワード】, ,

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像1

第75話 創聖のアクエリオン

 皆さんはパチスロの「択当て」についてどう思われますか?「択当て」とは読んで字のごとく「成立役が入賞する押し順(または色の組み合わせ)を当てれば報酬を貰える」というシステムのことです。

 基本的にプレイヤーの勘だけが頼りのゲーム性につき、愛好家の中には親しみを込めて「エスパーマシン」と呼ぶ人もいますが、押し順に失敗した際に受ける心のダメージが大きいため、打ち手を選ぶゲーム性であることも否定できません。

 そして、私が知る限りで初めて「択当て」を搭載したのは、平成14年(2002年)に平和さんから登場した『アントニオ猪木という名のパチスロ機』だと思います(※初代・サラリーマン金太郎のJAC押し順6択当ては当選率&報酬が共に低いので択当て機種の対象に含めず)。

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像2
平和の爆裂AT機『アントニオ猪木という名のパチスロ機』。本機ではレギュラーボーナス消化中のラスト3Gが「6択チャレンジ」となり、正解数に応じてAT・闘魂チャンスの抽選が行われる。2回正解すればAT確定で、3回正解ならATの大連チャンが期待できる。高確中に当選したREGであれば闘魂注入(押し順ナビ)が発生しやすいため、ボーナスを引くタイミングも非常に重要となる。この激アツのゲーム性は正統後継機の「アントニオ猪木自身がパチスロ機」にも継承された。(写真は「パチスロ大図鑑2001~2007/ガイドワークス刊」より)

 そして、初代猪木の大ヒットに触発されたのか、他メーカーさんからも「択当て」の要素を持つマシンがチラホラと登場するようになります。

 猛獣王、コンチ4X、爆釣、ゴールド&ゴールド2002…等々。時が流れて5号機時代に突入して以降も、サミーさんの「パチスロ交響詩編エウレカセブン」を筆頭に、択当ての亜流またはそれに近いシステムを搭載したマシンが多数登場し、今ではAT機のゲーム性に欠かせないものとなりました。先日、稼働貢献を80週で終えた大ヒット機種「パチスロ甲鉄城のカバネリ」も、STのゲーム性は択当てで成り立っているのです。

 まぁ、中には「スマスロ劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語f-フォルテ-」のように、AT中に頻発する「択当て」が打ち手に嫌われて短命に終わった機種もありますが、これは例外中の例外だと思います。もしもこの機種の択当てが「ここぞという場面」でのみ発生する希少価値の高いものであれば、もしかして「多くのファンに愛された名機」と語り継がれたんじゃないですかね?

 さて、そんなわけで今回の昔語りは、私が最も愛した「択当て機種」の思い出について綴りたいと思います。

 以下、本編。

---

 時は平成23年(2011年)の7月。春先に発生した東日本大震災によりパチンコ・パチスロ業界は深刻なダメージを受け、私こと広石も勝負に身が入らない日々が続いてました。

 この日、朝イチに私が選んだ勝負台は「スカイラブ3」。しかし、小役のヒキとタイミングに恵まれず、更には高設定の手応えもなく、午後1時半の時点で25Kを失ってアテもなくスロのシマを彷徨ってました。そして、右往左往している内に辿り着いたシマが『パチスロ創聖のアクエリオン』だったんです。

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像3
SANKYOの5号機『パチスロ創聖のアクエリオン』は、1Gあたり約1.5枚増のART「創聖RUSH」を搭載している。同ARTはストック数管理となっており、ART中に発生する「不動ナビ=6択チャレンジ」に正解すると、セット数のストックを上乗せする(押し順の正解時にはBAR絵柄が右上がりに揃う)。また、その際に移行する「創聖モード」に滞在中は第1停止ナビを抽選し、最上位の「創星モード」に昇格すれば全ナビが発生する。まずは自力でARTを引き当て、次に不動ナビの発生を目指す…という独特のゲーム進行が支持されてスマッシュヒットを放った。(写真は実戦中に私・広石が撮影したもの)

 この機種のデビューは同年の3月ですが、この頃にはすでに客付きも落ち着いてシマは閑散としていました。まぁ、超の付く荒波機種にありがちな挙動ですね。

 ともあれ、私が座ったのは朝から1Gも回されてない台でした。特に根拠があったわけじゃありません。とりあえず一発当てればモトを取れる機種を打ちたい…てな感じで、ようするに自暴自棄な行動だったんですけどね。ラッキーなことに投資5Kで赤7ビッグが降臨し、その消化中にカットイン時に赤7が揃ってARTを射止めました。

 その瞬間はすげぇ浮き足立ったんですけどね。期待したARTは1セット30Gで終了。まぁそれは仕方がありません。そもそも一発逆転を狙っての機種選びですから、最初のセットで何も起こせなければ単発もやむなし。てゆーか、これで今日の負けを受け入れることができたので、後はわずかな出玉を打ち込んで店を出るだけです。

 ところが、次ゲームを消化した瞬間に飛び上がるほど驚きました。なんとリール上で右上がりにBAR絵柄が揃ってるじゃないですか。つまり、転落準備中の1G目にたまたま6択リプレイを引いて、偶然にも順押しが選ばれていたわけですね。

 もちろん、ART中じゃないから創聖モード中のナビは期待できないし、実際にナビは発生しなかったけど、自分の脳内にアドリブ王子が降臨して純粋な6択を3連続で正解。さらに復帰したART中に凄い勢いで不動ナビを引きまくり、アドリブも決まりまくって12個のストックを獲得したんです。なるほど、アクエリオンってこうなれば出るんだね。

 だけど、まさかこのARTが閉店まで続くとは夢にも思いませんでした。上乗せセット数を全て使い果たしても終わらない以上、どこかで複数を裏乗せしていたのは明白ですが、途中で創星モード(全ナビ)を射止めたり、フリーズからスーパービッグ(16384分の1の確率で抽選されているプレミアムビッグ。フリーズ時には上乗せ5個が確定)を引き当てたりなんかして、この瞬間に「取りきれず閉店」を覚悟しました。

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像4 この日、最後に引いたボーナスの終了画面。時間データは22時18分でした。写メを撮影している時間があるなら急いで回せ…ってやつですね、ええ。

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像5 店員さんに止められた直後に撮影した写メ。くしくもジャスト100セットの継続で、液晶画面の枚数表示がカンストしました。

 結局、夜10時47分に店員さんにストップをかけられて実戦終了。果たして、取りきれずに残したセット数ストックが何個あったかわかりませんが、最終的に10257枚を獲得してギリで万枚オーバーを記録しました。

 最初の内は不動ナビが発生する度に、押し順をあれこれ考えながら消化してたんですが、そうしたタイムロスがなければもっと多くの出玉を獲得できていたかも…って、その場合には当然、スタートレバーを叩くタイミングも変わるわけですから、逆に出玉が少なかった可能性もあります。まぁ、全ては「もしも」の話ですので、どうでも良いっちゃ良いんですけどね。

 それにしても、この頃のART機は純増枚数が少ないから、万枚出すのにすげぇ苦労しました。

 今は昔の物語。

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】の画像6 ちなみに、今の私はこの択当て機種にぞっこんLOVEです(笑)。

ドラゴン広石

ドラゴン広石

ドラゴン広石(昭和38年12月生まれ)
平成7年に白夜書房「パチンコ必勝ガイド」編集部の門を叩き、パチスロの知識と経験、目押し力を買われて「パチスロ必勝ガイド」のライターに採用された。リアルタイムで「パチスロ0号機」を遊技した経験を持つ、唯一のパチスロライターである。令和4年現在でライター歴は27年。代表作に「枠上人生」、「浮草家計簿」(連載中)、「回胴絶景」(連載中)など。1日の最大勝ち額~プラス41万3千円(クラブロデオT)、1日の最大負け額~マイナス12万9千円(初代・北斗の拳)。

Twitter:@dragon_hiroishi

あのARTが「閉店まで続く」とは…ギリで「万枚オーバー」を記録【ドラゴン広石『青春と思い出のパチスロと、しばしばパチンコ』第75話:創聖のアクエリオン】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合