GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 某パチスロ人気演者と大手メーカーが対立?
NEW

某パチスロ人気演者と大手メーカーが対立? 重鎮ライターがビッグイベントでの発言を謝罪

パチンコ遊技イメージ
パチンコ遊技イメージ

 去る3月17日、東京ビッグサイトで「ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル2024」が開催された。

 大手メーカー2社による6年ぶりの当イベントは、18歳以上であれば誰でも入場無料。公式HPによると、1万7,500人以上が来場したという。

 当日は各媒体の有名ライターや演者が多数、出演。歯に衣着せぬ物言いで人気の大崎一万発氏も「初めて参加」したそうで、その模様について自身のYouTubeチャンネル「まんぱつ」内の動画で語っている。

今まで同イベントに「参加させてもらえなかった」

 これによると、大崎氏は今まで同イベントに「参加させてもらえなかった」模様。「若干、どこかで嫌われてたとか、理由はいろいろあるっぽい」としたが、今回は「それが解けて初参戦」との流れになったそうだ。

 当日、会場では「次に売る機械のプロモーション」のみならず、「昔の機械から今に繋がる機械の紹介や試打コーナー」、「パチンコから派生したゲーミングブース」もあれば、「パチンコ・パチスロのコンセプトマシン」などもあったそうで、大崎氏は「ZEEGの新筐体はすごかった」と感心。

「これが並んでたら、パチスロすごいな」「これが遠からず打てるという状況は、パチスロ明るいな」と続け、その先の未来として椅子の角度やライトの距離を調整できる「パーソナル島」の展示があったことについても振り返った。

 また、かねてよりサミーが展開している「Pスポーツ」のパチンコ版もあったそうで、こちらは「完全に運に振り切った、もう技術は関係ない」仕様とのこと。ゲーム性としては「役物に入った玉が上手くポイントを狙い打てば勝つ」といったものだったそうで、大崎氏は「1分30秒くらいで撃破」して喜んだところ、「最高は16秒」と聞かされて驚いたという。

不参加となった某有名媒体について言及

 一方で、大崎氏は壇上でのトーク時、今回から不参加となった某有名媒体について言及。メーカーサイドからは「逆ギレされて、もう出ない」との経緯を聞いたそうだが、本人たちからは「お断り願えますかって言ってきたのは向こうだ」と反論されたそうで、これを壇上で「お客さんの前で(メーカー役員に)ぶつけましたところ、困っておられた」と謝罪した。

「来年か再来年か、また次もあるようなので、その時はどういう形になっているのか。或いは、今回見せてもらった未来像のいくつかが形になっているのか、擦り合わせ、答え合わせをしたい」。次回以降への参加にも乗り気な大崎氏だったが、「こんなことばっかりやったので、次は自動的に出られないかもしれない」「本当に、もうクソ発言するしか能がない」と自虐し、番組を締めた。

 果たして次回以降、出演者に大崎一万発氏の名前はあるのか。ファンとしても注視したいところだ。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

某パチスロ人気演者と大手メーカーが対立? 重鎮ライターがビッグイベントでの発言を謝罪のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合