GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > RAMクリ作業で無駄な労力と時間を使わされた日々
NEW

閉店後に「パチンコ全台RAMをクリアして」波が変わる?オカルト作業で無駄な労力と時間を使わされた日々

【この記事のキーワード】,
パチンコ台イメージ画像
パチンコ台イメージ画像

 パチンコにおけるラムクリア。ラムクリとは読んで字の如くRAMをクリアすること。

 要はRAMを初期状態に戻す操作を指し、主に確変や時短中のまま営業時間を終えてしまった遊技台を通常状態に戻す等の際に用いられる場合が多いものと思われるが、パチンコ業界に従事する者は当然のこと、一般ユーザーにもそれなりに浸透している知識だろう。

 私がホールに在籍していた当時は潜伏確変を搭載した機種も多かったため、閉店の作業時のみならず早番の際には朝イチで状態を確認しラムクリアすることもまた日常だった(※遊タイムはまだ存在しない時代)。

 自店は稼働も少ない小型店だったが慢性的に人手は足りておらず、ひと昔前のパチンコホールだけに勤務形態も過酷を極めたが、気まぐれ上司のひとことでその作業時間は更に延びることになったのだ。

「閉店後にパチンコ全台ラムクリして」という命令に絶句

「閉店後にパチンコ全台ラムクリして」。信じられないひとことに私は絶句した。一体どこでどう影響を受けたのか。ほんの数日粗利が取れないとすぐにオカルトに走る上司が今度はラムクリに活路を見出したのだ。

閉店後に「パチンコ全台RAMをクリアして」波が変わる?オカルト作業で無駄な労力と時間を使わされた日々の画像1

 ただでさえ閉店後の作業は、バイトを帰らせて社員だけで行うため時間もかかり負担が大きいというのに、パチンコ台は200台弱とはいえ全台ラムクリなんぞしていたらどれだけ時間がかかることやら。

 おそらくは某業界掲示板の「粗利が取れない時のオカルト」的な書き込みを読んで思いついたものと思われるが、まさかラムクリに走るとは夢にも思わなかった。

 そもそもパチンコやパチスロにおけるオカルトとは楽しく遊ぶためのもののはず。それを何らかの裏付けや検証データがある訳でもないのに、根拠もなくそれを強制させられるのだから作業をやらされる側からすれば本当にたまったものではない。

 だがその全台ラムクリを初めて実行した翌日に限ってバッチリ粗利が取れてしまったものだから余計にタチが悪い。それをヨシと見なした上司は当分の間は毎日全台ラムクリすることを固く命じたのだ。

管理者が数学的根拠もないオカルトに走るなど言語道断

 1台1台に鍵を差込み、全ての台を開けていくだけでも大変な作業だが、毎日毎日イヤイヤながらも全台ラムクリを続ける日々。だが約1ヶ月後にその作業は突然の終わりを告げる。

 1ヶ月間ラムクリを続けた結果、結局は決定的というほど効果の表れなかったことが判明し、全台ラムクリは本日を持って廃止という命が下ったのだ。(そりゃそうだよ!)

 全台ラムクリ地獄は終焉を迎え、無駄な作業からは解放されたが、当時は某掲示板でそこそこ影響力のあったスレ主が提唱した理論だけに(いやいやそもそも理論ですらないとは思うが)、同じような経験をしたホール従事者は他にもきっと存在したはず。

 行き詰まった管理者が何の数学的根拠もないオカルトに走るなど言語道断。しかしながらいまだにいわゆる“ラムクリ信者”は少なからず存在するというが、安易にオカルなどには頼らず真っ当な手段で粗利を確保する努力をするべきだろう。

 それには結局のところ調整しかないのだから。

オーハナB

オーハナB

元ホール店員、店長経験者。パチンコ店の裏側で起きた出来事や、人間関係を題材にしたコラムを担当している。過去に話題になった業界ネタなど、時代背景を感じる記事も作成中。自身の思い入れのあるシリーズの動向にも熱い視線を注ぐ。

閉店後に「パチンコ全台RAMをクリアして」波が変わる?オカルト作業で無駄な労力と時間を使わされた日々のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合