GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 濱マモルの新台実戦記『ニューパルサーSP4』
NEW

パチスロ新台『ニューパル』であって『ニューパル』ではない?【濱マモルの新台実戦記】

コラム【濱マモルの新台実戦記『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』】
コラム【濱マモルの新台実戦記『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』】

新台実戦記『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』

 4月14日に大阪・寺田町Fireloopでのツアー初日を終え、6月9日には新潟CLUB RIVERST、7月6日には札幌リボルバー、9月7日には博多DrumSon、11月16日には渋谷Club Asiaでの公演を控える宴会系楽団・タカハシではキーボードの前でお菓子を投げているだけだが、これまでは数々のバンドでドラムを叩いてきた。

 よって、全体的にゲームは下手くそながらも、リズム系はそこそこやれるつもり。山佐のパチスロ4号機『祭りの達人』ではボーナス中のモニゲームを簡単にクリアできたし、タイミングを合わせるという意味では、SNKプレイモアの5号機『餓狼伝説スペシャル』、そのテリービッグ中の「JUST IMPACT」時はほぼ確実に大ダメージを与えることができた。

 ウインちゃんが活躍した『祭りの達人』以来のコラボレーションとなる、セブンリーグの最新タイトル『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』。当然、「お祭りモード」でのボーナス消化中に楽しめるミニゲームに興味津々なわけだが、やはり初代から打ち続けているパチスロ好きとしては、改良された出目や「ウィッチモード」の出来栄えも気になるところだ。

 ということで先日、昼過ぎに仕事を終えてホールへ。その前に腹ごしらえを…と入店した町中華のお店でうっかり3杯ほど飲んでスタートは遅れたが、ビッグ16回・REG16回、総ゲーム数4,700Gほどの台が空いていた。

■分かりやすい出目はREGの割合が高かった

 今回は、別に勝利を求めているわけではない。どういった塩梅かをチェックするのが目的であるから、中間設定はありそうな履歴で十分。早速、ウィッチモードを選択して打ち始めた。

 周知の通り、このウィッチモードは4号機『ネオマジックパルサーXX』の演出を踏襲している。タロット演出にマジックポッド演出、マジックスティック演出など各種演出はとても懐かしいし、再現度はかなり高いように思えた。

 たまたまか、一方で各種演出から発展→ボーナス告知時は全てリーチ目停止or小役との同時成立。小役ハズレパターンでの告知は、成立後しか確認できなかった。

 出目に関しても、7&カエル絵柄の一直線が全てリーチ目に昇格した上、小役優先制御に変わったからか、今までとはかなり違う印象。こちらもたまたまか、分かりやすい出目はREGの割合が高かった。

■リズムに合わせながら消化をするのは至難の業…

 いずれにしても、タイアップ機ということも含めて、ニューパルであってニューパルではない…というのが個人的な見解。ただ、やはりリーチ目は美しいし、ビッグ280枚は強力だし、しばらくは積極的に打ってみようと思う。
 
 …で、肝心のミニゲームは散々。歳のせいか、それとも「ふつう」以上の難易度がアップしたのか。リズムに合わせながら消化をするのは至難の業…というか、頭がぐちゃぐちゃになる。こちらについても修行が必要だ。

『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦画像(撮影:濱マモル)
『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦画像(撮影:濱マモル)
『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦画像(撮影:濱マモル)
『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦画像(撮影:濱マモル)
『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦データ
『ニューパルサーSP4 with 太鼓の達人』実戦データ
濱マモル

濱マモル

神奈川県横浜市出身。レコード会社勤務の後、フリーライターへ転身。パチンコ・パチスロやギャンブル系を中心に、野球、音楽、街情報など幅広い分野で執筆する。特技は料理と飲酒で、超常現象好き。ドラマーとしての顔も持つ。

Twitter:@hamamamoru777

パチスロ新台『ニューパル』であって『ニューパル』ではない?【濱マモルの新台実戦記】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合