GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > GW前に導入されたパチンコ新台総評が話題
NEW

「お店の負担にもなってる」GW前に導入された“パチンコ新台総評”が話題

【この記事のキーワード】, , ,
パチンコ台イメージ画像
パチンコ台イメージ画像

 ゴールデンウィーク前の4月22日、多くの注目機種がホールデビューを果たした。

 パチスロは大都技研の『押忍!番長4』が初日から大盛況。エンディング到達後などに突入する「頂RISE UP」、超番長ボーナス消化後に移行する1G純増約4.5枚の「エンブレムモード」といった各種出玉トリガーは非常に強力で、全国で万枚を多発させている。

 一方、パチンコはサンセイR&Dの『P牙狼11~冴島大河~XX』、SANKYOの『Pフィーバーマクロスフロンティア5』と『eフィーバーマクロスフロンティア5』、京楽産業.の『e新・必殺仕置人 超斬撃199』、藤商事の『P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ』、メーシーの『PAハイスクル―ル・フリート オールスター すい~とでハッピー!2400』などが登場。大半が話題の「ラッキートリガー」搭載機で、業界の重鎮・大崎一万発氏は先日、主宰YouTubeチャンネル「まんぱつ」内にて、これらを総評する動画を公開した。

最も評価が高かった機種は…

 これによると、最も評価が高かったのは『P牙狼11~冴島大河~XX』で、大崎氏は「やれます」と断言。演出についても「先バレ」のお陰で「牙狼保留待ちみたいなところがあったのを、先バレって割り切って打てる」とし、ロングSTに関しても「まさに牙狼」「非常にハマりがいい」「継続率に影響はないが、100回になったら1回休もうとか、ここでは演出のカスタムを変えようとか、ゲームメイクができる」と褒めちぎった。

 実際、導入後の稼働は良好だそうで、大崎氏は「スタートダッシュとしては最高」とコメント。「スペック的に尖りがない」からか、『エヴァンゲリオン』シリーズからの客の移行も見られるそうだ。

「お店も過負担になっちゃってる」と指摘

 一方で、評価が低かったのは『Pマクロスフロンティア5』と『eマクロスフロンティア5』。大崎氏は「ライトノベルというか、ロボットものというか、ああいう一群の中に埋もれちゃってる」と差別化が図れていない点に言及し、スペックとしても『P牙狼11~冴島大河~XX』に近いこと、導入数が多かったこともあってか、「お店も過負担になっちゃってる」と指摘した。

 もちろん、当動画では先に挙げた各機種についても触れている。まだこれらの機種を打っていないプレイヤーは、初打ちの参考にしてみてはいかがだろうか。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

「お店の負担にもなってる」GW前に導入された“パチンコ新台総評”が話題のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合