GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 数々の名機を創造したサミー「歴史探訪動画」
NEW

販売台数62万台『パチスロ北斗の拳』など数々の名機を創造したサミー その歴史探訪動画が話題

【この記事のキーワード】, , ,
パチスロ イメージ画像
パチスロ イメージ画像

 4号機時代には『獣王』で爆裂AT機ブームを牽引し、『パチスロ北斗の拳』では約62万台という歴史的大ヒットを記録。近年も『スマスロ北斗の拳』でスマスロの存在を世に知らしめるなど、長きに渡ってトップブランドに君臨するサミーの創業は1975年のことだった。

当初は『アレンジボール』の製造がメイン

サミー沿革
サミー沿革公式HPより

 先日アップされたパチンコ・パチスロ系YouTubeチャンネル「ぱち馬鹿っ!!」内の動画によると、豆腐店がルーツの同社は当初、『アレンジボール』の製造がメイン。アレンジボールとはメダルで遊ぶ遊技機のひとつで、メダル1枚で1ゲーム16発、1~16まである下のポケットに玉が入れば盤面中央の当該ランプが点灯→その点灯した配列に応じてコインが払い出されるゲーム性だ。

 当時は藤商事、太陽電子と共にアレンジボールの三大名門メーカーに挙げられたほど。同時に、同社は麻雀をモチーフとした『雀球』の製造にも注力し、この雀球は社名がサミー工業からサミーへ変更した後も、たびたびリリースされている。

記念すべき第1弾は『ゴールデンスター』

サミー沿革公式HPより
サミー沿革公式HPより

 一方、同社はスロットマシンにも早い段階から参入しており、記念すべき第1弾は『ゴールデンスター』。箱型スロット、いわゆるパチスロの登場後は『エンパイア』『チャンピオン』『フラッシュクイーン』の3機種を製造した。

 これら3機種はリールに合わせてアームが付けられた前面ガラスや、ラチェット式の右レバーなどが特徴的。地域によってレートや営業形態がバラバラだったことからスペックの違う3機種をリリースしたそうで、全国的に最もヒットしたのは『エンパイア』とされている。

貯金バージョンの裏モノも誕生

 新風営法が施行された1985年には、1号機として『ナイアガラ』を発売。「投入枚数3,700枚をひと区切り(ブロック)として、その範囲内でビッグとREGの発生回数があらかじめ決められている」という「ブロック方式」を採用したボーナス抽選システムが最大のウリで、このブロック方式で連チャンやハマリを演出していた。

 2号機時代には、小役の集中役「フルーツ」に5パターンの継続ゲーム数を設けた『アペックス301』、その攻略法対策機の『アペックス301 EX』、フルーツ搭載&ビッグ偏向型の『キューティーフルーツS』を輩出。『キューティーフルーツS』に関しては、後に「36段階設定」が可能な吸い込み貯金バージョンの裏モノも誕生した。

 そんな中、同社は提携先のメーカーがリリースした1つのマシンで一大センセーションを巻き起こすことになる。そのマシンとは一体、なんなのか。興味のある方は、是非とも当動画をチェックしていただきたい。

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

販売台数62万台『パチスロ北斗の拳』など数々の名機を創造したサミー その歴史探訪動画が話題のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合