GJ > 競馬ニュース > ファルコンSで押さえるべき穴馬とは?
NEW

JRAデアリングタクト撃破のギベオン再び!? 「荒れる中京重賞」ファルコンS(G3)で押さえるべき穴馬とは?

JRAデアリングタクト撃破のギベオン再び!? 「荒れる中京重賞」ファルコンS(G3)で押さえるべき穴馬とは?の画像1

 先週行われた金鯱賞(G2)のギベオンには驚かされた。10頭立て最低人気、単勝220倍超の2万馬券での大勝利。JRA重賞史上6番目の高額単勝万馬券だという。

 かつてNHKマイルC(G1)で2着に好走した実績があり、中京コースで重賞勝利もあったが、ここ一連の不振からデアリングタクト相手にまさか逃げ切るとは誰も想像していなかっただろう。

 しかしよくよく振り返ると、今年の中京開催は波乱のレースが続出している。

 そもそも京都競馬場が改修工事のため使えないことで、中京競馬場の使用頻度が上がっているのがその原因の一つ。1月以降に行われた中京競馬場の芝の重賞7レースを見てみると、なんと1番人気は未勝利、2着と3着がそれぞれ1回と負けまくっているのだ。

 3連単の配当も122万馬券、11万馬券、96万馬券、78万馬券など7レースのうち4レースで高額万馬券、馬連ですらも万馬券が3レースあり、馬連平均配当は1万4137円というから恐ろしい。

 この傾向から考えると、京都競馬場が完成するまでの中京競馬場は芝コースの負担が大きく、今後も波乱が続出する可能性が高いと言っても過言ではないだろう。

 もちろん今週以降も中京競馬場で芝の重賞レースは行われる。今週はNHKマイルCの前哨戦となる3歳限定のファルコンS(G3)に注目したい。ここまでの流れを考えれば波乱は必至、先週のギベオンのような穴馬がいるのか興味深いところだ。

 このレースで1番人気が予想されるのは、昨年の朝日杯FS(G1)を勝利したグレナディアガーズだ。鞍上は引き続き川田将雅騎手が騎乗することもあって、ここも人気になるのは確実。だが川田騎手の3歳重賞と言えば、ダノンザキッドで負けた弥生賞(G2)が思い出される。グレナディアガーズも目標が次のNHKマイルCであることを考えると、ダノンザキッド同様にここも足元をすくわれる可能性も小さくない。

 加えて今年の川田騎手は、中京芝コースの重賞が5戦全敗ですべて4着以下、全競馬場に広げても、芝の重賞は牝馬でしか勝利していないという嫌なデータがある。

 そして前走の朝日杯FSが7番人気での勝利だったことも見逃せない。1999年以降に4番人気以下で朝日杯FSを勝利した8頭で、復帰戦を勝利した馬は2頭しかいない。負けた6頭のうち1番人気で敗退したのは4頭であり、1番人気が見込まれるグレナディアガーズは「危険な人気馬」と言わざるを得ないのだ。

 では逆に、ここで激走が期待できる穴馬とは何か。ここまで行われた中京の芝重賞レースで激走した穴馬や、3歳戦の結果を見てみると、以下の傾向が判明する。

JRAデアリングタクト撃破のギベオン再び!? 「荒れる中京重賞」ファルコンS(G3)で押さえるべき穴馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に