GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 【パチンコ実戦】人気作で“ある戦法”を実行し年末年始「10万発」ゲット!!
NEW

【パチンコ実戦】人気作で“ある戦法”を実行し年末年始「10万発」ゲット!!

【パチンコ実戦】人気作である戦法を実行し年末年始「10万発」ゲット!!の画像1

谷村ひとしパチンコ実戦記~年末年始絶好調~

『シン・エヴァンゲリオン』で年末年始絶好調のドンキホーテ谷村ひとしです。
 
 12月の収支は、月後半の『シン・エヴァンゲリオン』合計10万発、プラス37万で2023年の年間トータル収支がプラス533万円になって、プラス1億円へ、より一歩前進しました。のこりも、あと220万円ちょっとでこのペースだと春先のラッキートリガー搭載機の登場で、早々に1億円に到達しそうです。

 年間収支が、プラス500万円突破する時代の到来で、ボクがパチンコを始めた30年前40歳の頃を上回るパチンコ台の爆発力のUPが後押ししてくれます。

 これから先を占うには、絶好調の『シン・エヴァンゲリオン』のお座り一発は、ほとんどがフルカスタマイズからの座って10~30回転以内の次回予告の出現で、たった一度、“次回VSネルフ艦隊戦”でレバブルがなくてハズした以外は、全て大当りしています。

 “次回 碇シンジ、覚醒”からのマイナス宇宙の世界の父ゲンドウとの一騎打ちから“次回 神殺しの力”の13号機リーチの総力戦や次回問答無用のプレミア、“次回 最後のシ者”プレミア、”次回 Mark.07 襲来“”次回 決戦第13号機“など全て大当りしてくれています。

 “次回 シンエヴァンゲリオン劇場版” なんてカヲルカスタマイズの左スミのカヲルくんがピュインと光ったりして至福のお座り一発を何度も体験しています。

『シン・エヴァンゲリオン』は、アスカとマリが主役と言っていい程、新2号機αと改8号機γの2機がやたら出て来て、よくハズレます。シンクロリーチは、はずれたあとにお馴染みの警報予告に、ALERTも加わって発展した相手次第で信頼度も違ってきます。

『新世紀エヴァンゲリオン〜未来への咆哮〜』を打ち慣れた方には、面白さも新鮮さも倍増の『シン・エヴァンゲリオン』のST163回転の主役はやっぱりカヲルくんが一番です。

 “はずれたかな”と思うと復活したり、様々なタイミングでレインボーにフラッシュする“カヲルピュイン”の存在が大きくて、しかもよく連チャンします。ST中は、半分の残り80回前後でデモ出しがよく効くオカルト連チャン打法です。

 “ぱちんこシンエヴァンゲリオン”のタイトルの後に、メーカー名のBistyが出るやいなやハンドルを握って打ち出します。

“見慣れぬ客が出る”オカルト打法全開

【パチンコ実戦】人気作である戦法を実行し年末年始「10万発」ゲット!!の画像2

 12月26日には、初代『冬のソナタ』の頃に行ってたホールで、お座り一発21回転で24連チャン3万5千発です。“見慣れぬ客が出る”オカルト打法全開です。

 12月30日初代『リング』が出た頃に行ってたホールが、25年ぶりにリニユーアルしたので打ちに行くと、お座り一発31回転で19連チャン2万5千発で、2023年をしめくくって、お正月、九州旅打ちでも、1月4日お座り一発12回転で1万3発出して、お年玉を頂きました。どの当りも、次回予告からの爆発でした。

 人気が高くてホールの看板の『シン・エヴァンゲリオン』は、台選びが難しいので、ついつい台移動せずにズルズル粘っている方をよく見かけます。ホールからすれば、1回1万発くらい出てれば、もっと出るだろうとお金をツッ込んでくださるのですから、こんな良い機種はありません。

 2万発3万発、中には4万発5万発出ちゃう『シン・エヴァンゲリオン』には夢がありますが、そんなシンエヴァ一色のホールに、『Pとある魔術の禁書目録2』が登場しました。

 2024年新台ラッシュ第1弾で圧倒的な導入台数の『とある』はボクの地元、東京立川がタイアップのアニメの聖地ということもあって聖地巡礼の案内もディスプレイされて、40台と『シン・エヴァンゲリオン』や『Re:ゼロから始める異世界生活』を超える大量導入のホールまで出現。20代のファンを中心に、にぎわってる様子を見ると、30年前の『大工の源さん』や『海物語』や『モンスターハウス』でにぎわったホールとは、パチンコファンの若返りを痛切に感じます。

「カニ歩きオスイチデモ出し連チャン打法」がトレンドになる?

【パチンコ実戦】人気作である戦法を実行し年末年始「10万発」ゲット!!の画像3

『シンエヴァ』はBistyの画面でデモ出しをして年末年始10万発出しましたが、『とある』は、『Pリング 呪いの7日間3』と同じ藤丸くん打法が通用するか、早速1月12日金曜日に実戦です。 柱の陰にある台に座ります。

 13回出て521回転の台で午後5時50分、フルカスタマイズがボクのすべての新台のお座り一発狙いのまず第一歩です。

 藤商事のラッキーパトモードで、左下スミの御坂美琴のパトランプがピュインとフラッシュして、オスイチ12回転成功です。
 
 これから15連チャンして2万2千発出てくれました。派手な演出と長いリーチは、魔法陣の右側のドルルというvibeで大いに盛り上がります。

『とある』の芸の細かさは、『リング』や『地獄少女』を上回ります。新しい看板になるべき『とある』の初代は100%ST突入で大成功しました。

『とある2』は、70%突入でガッカリしますが、100%突入でも30%はSTスルーがお約束だったことを考えると大差なしです。

 ST半分の80回転前後で、時間をかけてデモ出しです。『リング呪いの7日間3』でも連チャンさせた藤丸くんがデモムービーの最後に2人出て1人でグッドポーズをする瞬間に打ち出して2万1千発頂きました。

 カニ歩きオスイチデモ出し連チャン打法は、2024年のパチンコのトレンドになりそうです。

 1月14日にもお座り一発先ローリングから14連2万発も出て絶好調のドンキホーテです。

谷村ひとし

谷村ひとし

1953年北九州市生まれ。
1979年週刊少年ジャンプでデビュー。
1994年 40歳で初めてパチンコに目覚めて30年毎日のようにホールに出かけ、ドンキホーテ流の打ち方でトータルプラス8900万円を突破し勝ち額は全て申告して納税しています。
◎自らのサイト“谷村ひとしパチンコランド”を22年継続中。収支も毎日公開中です。
◎漫画パチンカー・パチプロ必勝本オリ法プラスに漫画連載中。
◎YouTubeでも“オスイチ2022”連載中。◎日刊スポーツ・週刊大衆にも連載中。
◎4月からワニブックスのサイトで週刊連載スタートです。
◎趣味はスポーツ以外ならオールマイティです。ビデオ・DVD・ブルーレイコレクションが、10万本突破して、谷村アーカイブスと化しています。

Twitter:@pachinkoland

【パチンコ実戦】人気作で“ある戦法”を実行し年末年始「10万発」ゲット!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【甘デジ】STスルーから「直遊タイム発動」のゲロ甘要素も!ユーザーライクな大物シリーズが2つのゲーム性で登場!
  2. 【強甘デジ系パチンコ】最強クラスの性能「オール1000発×85%ループ」で“出玉のハーレム”を味わえる!!
  3. 【パチンコ】一撃で「25連・39,981発」の経験あり…甘デジ帯で「時速4万発」も実現した大物シリーズの動向に注目!!
  4. 【甘デジ新台】先代を上回る最高峰スペック… 人気タイトル最新作はRUSH「継続率約89%&10R比率約20%」!
  5. 【新台】1/69で「一撃12000発」悪魔的一撃性能すぎて「これどうやって試験通したの?」とパチンコ界の重鎮も疑問符
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【新台パチンコ】激アツ要素を搭載で「革新的で大胆なスペック」を実現…出玉感あるRUSHが大幅に進化!
  8. 【強甘デジ系パチンコ】2連チャンで「必ず上位RUSH」突入!? 圧倒的な出玉性能…その「仕組み」を探る
  9. 【SANKYO強甘デジ新台】「最高峰の出玉トリガー」搭載パチンコ始動…「10万発超え」記録の前作を超える稼働を目指す!
  10. 【新台パチンコ】軽い初当りから「ALL1,000発×約90.4%」へ向かう”出玉特化”スペック爆誕!「このスペックはやばい」など期待の声が続出!!
  11. 【パチンコ店】新紙幣前にも「閉店ラッシュ」到来か… その意外な理由を現役店長が解説