GJ > 競馬ニュース > 川田将雅“隈取マスク”初登場に...
NEW

JRA川田将雅「歌舞伎マスク」は市川海老蔵プロデュース!? ローズS(G2)“隈取マスク”初登場に「怖い」の声も、本人が明かした意外な理由

【この記事のキーワード】,

JRA川田将雅「歌舞伎マーク」は市川海老蔵プロデュース!? ローズS(G2)隈取マスク初登場に「怖い」の声も、本人が明かした意外な理由の画像1

 20日、中京競馬場で行われた秋華賞トライアル・ローズS(G2)は、3番人気のリアアメリア(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)が2馬身差の快勝。昨年のアルテミスS(G3)以来となる重賞2勝目を飾った。

 この日の川田将雅騎手は、これまでのリアアメリアのイメージを覆すような積極策だった。2番手から楽に抜け出した勝利は、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)で1番人気だった素質馬が復活を告げる狼煙となったに違いない。

 また、勝利騎手インタビューでも「デアリングタクトに挑戦できるだけの器だと思っていますので、精一杯挑んで行けたらと思います」と饒舌に語り、女王デアリングタクトへ強烈な挑戦状を叩きつけた川田騎手。

 ただ一方で、ファンが注目したのは川田騎手が付けているマスクの「マーク」だったようだ。

 赤と黒で描かれた歌舞伎の化粧のようなマークに、ネット上の競馬ファンもSNSや掲示板を通じて「変わったマーク付いてるな」「永谷園のやつだ!」「そのマスク売ってほしい」など敏感に反応。

 中にはバラエティ番組などを通じて、競馬界きっての“ドSキャラ”として知られている川田騎手だけに「川田さんのマーク、なんか怖い」「自分で怖いキャラ自覚してるのかも……」といった声もあった。

「あれは隈取(くまどり)という歌舞伎の化粧ですね。川田騎手はずっと以前から自分のトレードマークとして使用していて、マスクの他にも愛用のアンダーシャツ、ジャンパーなどにもお馴染みのマークがデザインされています」(競馬記者)

『ウマジン.net』のインタビューによると、独特の隈取マークは「代々伝わる歌舞伎の伝統のように、我が家で受け継がれている競馬人の血脈を大事にしたいという思いで取り入れています」とのこと。佐賀競馬で騎手や調教師として活躍した曾祖父や父との絆を大切にしているようだ。

「川田騎手の隈取マークのデザインをしているのは、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんだとか。もう10年以上も昔から隈取りをされているそうです。

川田騎手と海老蔵さんといえば、妻の小林麻央さんが亡くなった際には、福永祐一騎手と共に励ましに自宅を訪問するほどの間柄。海老蔵さんは昨年、趣味の競馬を卒業されたそうですが、それでも川田騎手との交流は続いているようですね」(別の記者)

 昨年は重賞15勝と大レースで大暴れした川田騎手だが、今年はここまで4勝。重賞勝利は3月のオーシャンS(G3)を最後に25連敗だった。

 新型コロナウイルスの影響もあって、競馬中継の勝利騎手インタビューに登場すること自体が久々であり、マスク姿も初だったため、ファンにとっては大きな注目の的になったようだ。

JRA川田将雅「歌舞伎マスク」は市川海老蔵プロデュース!? ローズS(G2)“隈取マスク”初登場に「怖い」の声も、本人が明かした意外な理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客