GJ > 競馬ニュース > 北村友一「一年の計は金杯にあり」!?
NEW

JRA北村友一「一年の計は金杯にあり」を“逆”証明!?「1月0勝」大出遅れに川田将雅からの叱咤……どん底から這い上がった2020年

【この記事のキーワード】, ,

JRA北村友一「一年の計は金杯にあり」を逆証明!?「1月0勝」大出遅れに川田将雅からの叱咤……どん底から這い上がった2020年の画像1

 2020年、JRA最後のG1レースとなった有馬記念(G1)は、1番人気のクロノジェネシスが3コーナーで先頭集団に取つくと、直線で力強く抜け出して快勝。まさに横綱相撲といえる内容だった。

 鞍上は、デビューから全てのレースで手綱を取る北村友一騎手。年が明け、良い流れそのままに自身の結婚も発表しており、競馬でも良いスタートを切りたいところだろう。

 5日行われる京都金杯(G3)では、レッドガラン(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗予定。昨年の京都金杯では、レッドガランと同じ安田厩舎のダイアトニックに騎乗したが2着に惜敗しており、今年はしっかりと勝ち切りたいところだ。

 昨年の初日は1番人気に4回騎乗するも、2着3回と勝ち切れず勝利を逃した北村友騎手。年明けの悪い流れを断ち切れぬまま、1月は「0勝」と冴えない騎乗が続いた。

 3月には、京都金杯でも騎乗したダイアトニックに再び騎乗。しかし、ゴール前で斜行するアクシデントがあり降着となっている。

「昨春の阪急杯(G3)ですね。ダイアトニックに騎乗した北村友騎手がゴール直後、不利を受けた川田将雅騎手に『ユーイチ!!』と怒声を上げられ叱咤されたのは、ファンの間でも大きな話題になりましたね。

続く高松宮記念では、不利を受ける側に……。あくまで北村友騎手は被害者ですが、レース後に元JRA騎手の安藤勝己さんが『不利がなければ勝っていた』と言っていたように惜しい競馬でした」(競馬記者)

 度重なる不運に見舞われた北村友騎手は、昨年4月終了時点でわずか8勝。一昨年は同時期に24勝を挙げていたことを考えれば、もの足りない成績だったといえる。

JRA北村友一「一年の計は金杯にあり」を逆証明!?「1月0勝」大出遅れに川田将雅からの叱咤……どん底から這い上がった2020年の画像2

 流れがじょじょに上向き始めたのは5月。平安S(G3)のオメガパフュームで、この年2勝目となる重賞勝利。ひと月で8勝を挙げ、翌月の宝塚記念(G1)ではクロノジェネシスでこの年最初となるG1勝利を飾った。有馬記念でも勝利したクロノジェネシスは、春秋グランプリ連覇を達成している。

 昨年、最初に騎乗した重賞・京都金杯では松山弘平騎手に前で押し切られたが、有馬記念では逆に松山騎手の追い込みを凌ぎ切っての優勝。良い形で一年を締めくくったといえるだろう。

 昨年序盤の嫌な流れを断ち切り、良い流れを取り戻した北村友騎手。今年の京都金杯で騎乗するレッドガランも「前回よりもピリッとして反応もいい」と前走からの上積みを感じとっているようだ。

 競馬ファンの間では「一年の計は金杯にあり」などといわれるが、果たして北村友騎手はレッドガランで好スタートを切れるのだろうか――。昨年の勢いであれば、年明け早々からの重賞制覇も期待できそうだ。

JRA北村友一「一年の計は金杯にあり」を“逆”証明!?「1月0勝」大出遅れに川田将雅からの叱咤……どん底から這い上がった2020年のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?