GJ > 競馬ニュース > グランアレグリア“1本かぶり”のブレークポイントは?
NEW

ディープインパクト、ゴールドシップ、タイキシャトルが「まさか」の敗戦……。安田記念(G1)グランアレグリア“1本かぶり”のブレークポイントは?

ディープインパクト、ゴールドシップ、タイキシャトルが「まさか」の……。安田記念(G1)グランアレグリア1本かぶりのブレークポイントは?の画像1

 日本ダービー(G1)の興奮冷めやらぬなか、今週は上半期No.1マイラー決定戦の安田記念(G1)のゲートが開く。

 驚いたのは、5月23日に発表された安田記念の登録馬の数だ。その数はフルゲート18頭に対してわずか15頭。G1レースにもかかわらず、フルゲート割れは必至の状況だった。

 その理由として考えられるのが、5月16日のヴィクトリアマイル(G1)で圧勝したグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)を恐れて、他馬が“逃亡”したという説ではないだろうか。単勝オッズ1.3倍に推された圧勝劇から、「グランアレグリアには敵わない」と、他の陣営が恐れをなしたのも無理はないというわけだ。

 結局、安田記念の出走馬は14頭に決定。大本命・グランアレグリアは4枠5番に決まった。その実力と決定した好枠も手伝って、単勝オッズが再び1倍台の支持を集めても、なんら不思議はないだろう。

 前週のダービーでは、エフフォーリアが1.7倍。先々週のオークス(G1)はソダシが1.9倍。今週の安田記念も、1番人気が予想されるグランアレグリアの単勝オッズが1倍台になる、いわゆる“1本かぶり”の気配は、レース前から漂っている。

 思い起こせば4月4日の大阪杯(G1)も、1番人気コントレイルの単勝オッズは1.8倍だった。しかしコントレイルも、先に挙げたエフフォーリアもソダシも、多くの支持を集めながら勝利することは叶わず。この辺りが競馬の難しく、面白いところだ。

 いずれにせよ、今年ほどG1レースで“1本かぶり”現象が連発するケースも珍しい。そこで過去のG1レースに限定して、単勝1番人気の馬がオッズ1.0倍から1.9倍までの支持を集めた、いわゆる“1本かぶり”のケースを検証してみた。

 JRAがデータ提供を開始した1986年から先週の日本ダービーまで、障害レースを含むG1レースのなかで、単勝1.9倍までの1番人気が発生したのは217レース。人気を裏切ることなく勝利したのは102頭で勝率47.0%と、約半数が1番人気に相応しく勝利している。

 興味深いのが、同じ単勝オッズ2倍未満の1.9倍までのなかでも、1.0〜1.4倍と1.5〜1.9倍の2パターンでは、その勝率が異なる点だ。

 前出の217レースのうち、1番人気1.5〜1.9倍の単勝オッズが発生したのは142レース。そのうち勝利したのは52頭で勝率は36.6%。

 対して1.0〜1.4倍の1番人気が出現したのは75レースで、50頭が勝利。勝率は66.7%というデータが残っている。

 単勝1.0〜1.4倍の支持を集めても、「約3割負けている」と見る向きもあるだろう。ただし、先にあげた勝率36.6%と比較すれば、その安定感は段違い。1番人気のブレークポイントは単勝オッズ1.5倍未満か以上か?ともいえそうだ。

 さらに単勝オッズ1.0〜1.4倍が発生しながらも、1番人気が敗れた過去のレースを検証してみよう。

ディープインパクト、ゴールドシップ、タイキシャトルが「まさか」の敗戦……。安田記念(G1)グランアレグリア“1本かぶり”のブレークポイントは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!