GJ > 競馬ニュース > 武豊の「慢心」が招いた絶体絶命の危機!?
NEW

JRA武豊の「慢心」が招いたウオッカ絶体絶命の危機!? 安田記念(G1)女傑が切り裂いた壁、壁、壁……、「下手でした」名手も反省した2009年の大偉業

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊の「慢心」が招いた絶体絶命の危機!? 安田記念(G1)女傑ウオッカが切り裂いた壁、壁、壁……、「下手でした」名手も反省した2009年の大偉業の画像1

 5月2日、阪神競馬場で行われた天皇賞・春(G1)から始まった春のG1・6連戦も、先週は日本ダービー(G1)が終了して残すところは安田記念(G1)のみ。27日の宝塚記念(G1)が終わると、いよいよ本格的に夏競馬が到来する。

 春G1で大きな注目を集めたのはソダシ、エフフォーリアによる無敗二冠の達成。いずれも単勝1倍台の支持を集めたものの、伏兵の前に敗戦。昨年のコントレイル、デアリングタクトに続く2年連続の偉業とはならなかった。

 6日の安田記念でも昨年との連覇を狙うグランアレグリアに人気が集中すると考えられるが、大本命馬の連敗にストップを掛けられるだろうか。

 牝馬限定のマイルG1・ヴィクトリアマイルが創設された2006年から16年経つが、これまで両レースを連勝した馬はわずかに1頭。あのアーモンドアイですら叶わなかった偉業を達成したのはダービーを勝った女傑ウオッカのみ。牝馬相手から牡馬の一線級に強化されるレースを勝つためには、ただ強い牝馬というだけではなく、性別の枠を超えた能力の高さが求められるのだろう。

 そんなウオッカの偉大な記録も、一歩間違えれば大惨敗もあったかもしれない。

 2009年の安田記念に出走したウオッカは、ヴィクトリアマイルを2着馬に7馬身差をつける大楽勝を飾っての臨戦。牡馬が相手でも前走に続く単勝1倍台の断然人気に支持される。

 だが、このレースはウオッカのキャリアでも1位2位を争う苦戦を強いられた。

 フルゲート18頭立てのレース。内の2枠3番からポンと好スタートを決めた武豊騎手とウオッカのコンビだが、外から主導権を取ろうとするローレルゲレイロ、アルマダが激しいハナ争い。これにコンゴウリキシオーも競り掛けたため、前半600mは33秒4のハイペースとなる。

 前進気勢の強いウオッカはピタリと折り合い、先団の7番手から追走した。終始、抜群の手応えで走っていたこともあり、鞍上の武豊騎手も最後の直線入り口では、進路を探すだけのはずだった。

 ところが、この最終局面で思いもよらぬピンチに直面する。

JRA武豊の「慢心」が招いたウオッカ絶体絶命の危機!? 安田記念(G1)女傑が切り裂いた壁、壁、壁……、「下手でした」名手も反省した2009年の大偉業のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!