GJ > 競馬ニュース > 海外「武者修行」を決めた団野大成!
NEW

JRA武豊もデビュー3年目で決断! 海外「武者修行」を決めた団野大成が拠点とするのは川田将雅もお世話になった名門厩舎

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊もデビュー3年目で決断! 海外「武者修行」を決めた団野大成が拠点とするのは川田将雅もお世話になった名門厩舎の画像1

 デビュー3年目の団野大成騎手が、夏競馬終了後に渡欧。約2ヶ月間に渡り、海外で武者修行することが発表された。行き先は、近代競馬発祥の地として知られるイギリス。同国の名門ロジャー・ヴェリアン厩舎の調教などを手伝う予定だ。

 同厩舎は3年前の2018年に、名実ともにトップジョッキーに成長した川田将雅騎手も世話になった厩舎だ。

 当時の川田騎手も、団野騎手の予定と同じく約2ヶ月間滞在。イギリスをはじめとする10数カ所の競馬場を転戦して1ヶ月で4勝をマークしている。過去のインタビューでは「(当時のイギリス遠征は)とてもいい勉強になった」と語った川田騎手。関係者の間では、このときのイギリス遠征からより一層、川田騎手の騎乗技術に磨きがかかったという声も多い。

 一方の団野騎手は、デビュー3年目で海外競馬に初挑戦。同じくデビュー3年目にして海外競馬に初チャレンジした騎手といえば、やはり武豊騎手を紹介しないわけにはいかない。

JRA武豊もデビュー3年目で決断! 海外「武者修行」を決めた団野大成が拠点とするのは川田将雅もお世話になった名門厩舎の画像2

 説明不要のレジェンド。4000勝ジョッキー武豊騎手も、実はデビュー3年目にして海外競馬を“初体験”していた。

 1987年にデビューした武豊騎手は、1989年の夏にアメリカで海外初騎乗。初めて見る海外のジョッキーたちに目を奪われたといい、真似したり、自分なりにアレンジして、少しずつ騎乗フォームを変えたという。

 初騎乗は同年8月31日。7着に終わったものの、2戦目の9月2日には、さっそく初勝利をマーク。まだデビュー3年目で、こうした試行錯誤を繰り返していたにも関わらず、すぐに勝利する“順応性”の高さは、天才といわれる所以だろう。

 この年から、毎年のように海外へと赴いた武豊騎手。2年後の1991年には、アメリカのセネカハンデ(G3)で優勝。自身初の海外重賞初勝利を果たしている。

 さらに1994年には、スキーパラダイスとのコンビでムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1)を制覇。日本人騎手として初となる“国外”G1優勝を飾った。ちなみに同年、ホワイトマズルで凱旋門賞に初騎乗。結果は6着も、大きな足跡を残した。

 その後の海外での活躍はご存知のとおり。フランスではすでに70勝以上を記録。アメリカでも20勝以上、近年ではUAEや香港など、アジア圏での勝利も積み重ねている。

 団野騎手に話を戻せば、今回はビザの関係でレースに騎乗できないこともあり、同じくデビュー3年目で海外武者修行を決断した武豊騎手と、同じような活躍を求めるのは酷というものだろう。

 しかし武豊騎手がそうだったように、海外で初めて目にする騎手の動きや、そのほか日本の競馬では体験できないさまざまな経験を得るチャンスであることは間違いない。

「若いうちに海外で、いろんなことを勉強していきたい」とコメントした団野騎手。デビュー3年目の若手騎手の決断が、後に大きな英断となることを祈りたい。(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA武豊もデビュー3年目で決断! 海外「武者修行」を決めた団野大成が拠点とするのは川田将雅もお世話になった名門厩舎のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃