GJ > 競馬ニュース > 新人王候補が「シルク」「サンデー」と急接近!?
NEW

JRA新人王有力候補が「シルク」「サンデー」と急接近!? 絶対王者ノーザンファームも注目するルーキーが今週も大人気!

JRA新人王有力候補が「シルク」「サンデー」と急接近!? 絶対王者ノーザンファームも注目するルーキーが今週も大人気!の画像1
永野猛蔵騎手 撮影:Ruriko.I

 “当たり年”といわれている新人騎手の活躍ぶりが顕著だ。

 特に小沢大仁騎手と永野猛蔵騎手のルーキー最多勝争いは見もので、先週までともに16勝とがっぷり四つで譲らず。さらに2人を追いかける12勝の角田大和騎手も、離されまいと必死の様相。夏競馬では毎週、若武者たちが鎬(しのぎ)を削る争いをみせている。

 この3人のなかでも、先週の競馬からある“変化”をみせているルーキーがいた。「タケゾー」こと、永野騎手だ。

 7月31日、新潟2Rで騎乗したミルティアデスの馬主はサンデーレーシングで、生産者はノーザンファーム。10番人気で13着に終わるも、新人騎手が幾多のトップホースを輩出している「サンデー」の馬に初騎乗した意味は小さくはない。

 また1日には、新潟3Rでルージュセリーズに騎乗して2着と健闘。同馬の馬主はシルクレーシングで、生産者はノーザンファームだ。さらに当日の新潟メイン関越Sで初騎乗したサトノクロニクルは、あのサトミホースカンパニーの所有馬。

 永野騎手はこうして、有力馬主の馬たちと「初コンタクト」を果たしていたのだ。

 もちろん、師匠である伊藤圭三調教師や、柴田善臣騎手などを担当するエージェントの高尾幸司氏の働きかけもあるだろう。しかし永野騎手は、着実に有力馬主たちの信頼を得て、“新規顧客”を獲得しているようにもみえる。

 今週も、土日ともに自身の故郷・新潟で騎乗する永野騎手。7日は7鞍、8日は重賞初挑戦となるレパードS(G3)を始め9鞍で計16鞍の出走予定があるなか、再び“新規顧客”の獲得に成功した模様。7日は2鞍、8日は4鞍の計6鞍に、今まで騎乗したことのない馬主の馬でレースに挑む予定だ。

 また、前走騎手からの乗り替わりも増えてきた永野騎手。先週の競馬では12鞍のうち8鞍、さらに今週は16鞍のうち7鞍が乗り替わりで騎乗を確保している。

 特に7日の新潟3Rの3歳未勝利戦で騎乗するレッドルーベンスは、あのC.ルメール騎手からの乗り替わり。馬主はレッドの冠でおなじみの「東京ホースレーシング」で、同馬主の馬に永野騎手が騎乗するのは2回目となる。

 同馬にとって初ダートとなるこの1戦。もちろん、当日はC.ルメール騎手が函館に滞在していることも影響しているだろう。しかし、ダート戦で結果を残してきた永野騎手だからこそ、お声が掛かったとも推測できる。

 いずれにせよ、こうしたチャンスをモノにするかどうかが、ルーキー騎手の“生き残る道”。

 永野騎手と同じように、小沢騎手や角田騎手らも、今年の夏競馬では騎乗技術を磨くだけでなく、“新規顧客”獲得のために東奔西走しているはず。真夏の間のこうした地道な営業活動の積み重ねこそ、秋に大きな“実”を結ぶ要因になるだろう。

 まだまだ酷暑が続くなか、折返し地点を過ぎた今年の夏競馬。ターフではもちろん、自らの騎乗馬を確保するためにターフの外でも“奮闘”している新人騎手たちに、引き続き注目したい。(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA新人王有力候補が「シルク」「サンデー」と急接近!? 絶対王者ノーザンファームも注目するルーキーが今週も大人気!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス