GJ > 競馬ニュース > 「ルメールファースト」覆した2頭の結果に大満足!?
NEW

JRA 「ルメールファースト」覆した2頭の結果に大満足!? アーモンドアイも歩んだ「プレミア新馬戦」で圧勝デビュー! イクイノックスとソネットフレーズの可能性

JRA 「ルメールファースト」覆した2頭の結果に大満足!? アーモンドアイも歩んだ「プレミア新馬戦」で圧勝デビュー! イクイノックスとソネットフレーズの可能性の画像1

 先週29日に行われた新潟2歳S(G3)は、川田将雅騎手騎乗のセリフォスが優勝。C.ルメール騎手が騎乗した、1番人気のアライバルは2着に敗れた。

 ただ、それ以上に強かったかもしれないのが、ルメール騎手が土曜日の新馬戦で騎乗した2頭。イクイノックス(牡2歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)とソネットフレーズ(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 5Rは緩みなく淡々と流れたレースで、イクイノックスが2着に6馬身差をつけての圧勝。6Rは差し届く流れを先行したソネットフレーズが、2着に3馬身半の差をつけて快勝している。

 ルメール騎手は、2017年から夏から函館競馬に参戦。暑さは苦手だそうで、毎年この時期になると涼しい北海道に腰を据えて騎乗しているのは有名な話だ。

 そんなルメール騎手だが、先週は北海道を離れて土日ともに新潟競馬に参戦。日曜日は重賞である新潟2歳Sが行われたが、土曜日まで新潟競馬場で騎乗したことに理由がなかったとは考えづらい。

 昨今は「ルメール騎手に先約があるので……」などというコメントもチラホラみられる「ルメールファースト」の時代。それだけに、ルメール騎手が重賞のない土曜新潟で騎乗した「プレミア新馬戦」の価値は高そうで、それは2頭の走破タイムなどにも大物感がある。

 イクイノックスが芝1800m戦で1:47.4、ソネットフレーズも芝1600m戦で1:34.3と好時計で走破。どちらも新潟2歳Sに出走していれば、勝ち負けになっていたかもしれない優秀な時計だ。

 というのも、デビュー戦がソネットフレーズと同じ新潟の芝1600m戦だったオタルエバーは、新潟2歳Sでセリフォスから0.3秒差の3着。新馬戦での勝ち時計が1:34.6と、ソネットフレーズの走破タイムよりも0.3秒遅かったからである。

 イクイノックスにしてもレースラップの最初の1ハロンが12.8で、それを除けば1600mは1:34.6とオタルエバーと同タイム。もちろん、馬場状態や風の影響などもあり一概に比べられないが、どちらも大きな可能性を感じさせる内容だったことには間違いないだろう。

 ルメール騎手の夏の新潟参戦といえば、2017年8月6日(日)の新馬戦。アーモンドアイに騎乗して2着に敗れたものの、その後「9冠女王」へと導いたのは記憶に新しい。

 このときは土曜日に札幌競馬場で騎乗しており、日曜日のみ新潟でのレースに参戦。このことからも、日曜の重賞騎乗のついでに土曜日も新潟で騎乗したとは考えづらい。

 圧倒的パフォーマンスで、将来性を感じられたソネットフレーズとイクイノックス。ルメール騎手の騎乗した2頭は、来年のクラシック……いや、それ以上の可能性をも秘めているのかもしれない。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA 「ルメールファースト」覆した2頭の結果に大満足!? アーモンドアイも歩んだ「プレミア新馬戦」で圧勝デビュー! イクイノックスとソネットフレーズの可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス