GJ > 競馬ニュース > 菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?
NEW

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?の画像1

「もしかしたら今年の菊花賞(G1)は、大波乱が待っているかもしれない」

 そんな予感をさせるのに十分だったのは、今年も中京競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)だ。昨年はコントレイルが貫録の違いを見せつけて勝利している。2着ヴェルトライゼンデとの着差は2馬身とはいえ、全く危なげのない内容。その後の無敗三冠に一寸の隙も見せない圧勝劇だった。

 これに対し、今年の3歳牡馬クラシック路線は、依然として混沌とした状況が続いている。

 皐月賞(G1)を楽勝し、2年連続無敗三冠を期待されたエフフォーリアは、二冠の懸かった日本ダービー(G1)でシャフリヤールの強襲に屈してハナ差の2着に惜敗。主戦である横山武史騎手の若さもあって、ベテランになって円熟味を増した福永祐一騎手の技あり騎乗に苦杯を嘗めた。

 ただ、若手有望株の経験不足で不覚を取った敗戦だけに、同世代では抜けた存在という評価に翳りはない。菊花賞に出て来たなら1番人気に支持されても不思議ではない実力馬である。

 ところがそのエフフォーリア陣営が秋に選択したのは、菊花賞ではなく古馬相手の天皇賞・秋(G1)。距離延長に不安のあったコントレイルも、思わぬ苦戦を強いられたとはいえ勝利を手にした舞台。無敗でこそなくなったが、エフフォーリアが皐月賞、菊花賞の二冠を狙わなかった理由は不可解にも映る。

 そしてこの選択が招いたのが、神戸新聞杯におけるシャフリヤールの人気一本被り。朝から降り続いた雨の影響で不良馬場での開催となり、ダービー馬は“らしさ”を見せられないまま4着と人気を裏切った。

 後ろ過ぎる位置取りから、馬群の中を突く競馬でステラヴェローチェが快勝したものの、同じくバゴ産駒のクロノジェネシスが重の鬼であるのと同様、雨でぬかるんだ馬場が勝ち馬の好走を後押ししたことは間違いない。

「シャフリヤールとステラヴェローチェの一騎打ちという下馬評のレースでしたが、個人的に最も印象に残ったのはレッドジェネシスです。道中は人気2頭の間に位置取り、内を伸びて2着。

交わされはしましたが、勝ち馬との着差は半馬身とわずかで3着には3馬身と決定的な差をつけて、シャフリヤールにも4馬身半の先着をしています。

本番でステラヴェローチェは挑戦者の立場から主役級へと変わるため、同じ乗り方は出来なくなるでしょう。今回の激走をフロック視されるようだと怖い存在になりそうですよ」(競馬記者)

 レッドジェネシスはダービーを惨敗した印象も強く、5番人気でも人気両馬から大きく離された単勝オッズ26.5倍という評価。2着に食い込んだとはいえ、この一戦のみで人気が集中するとは考えにくい。

 歓迎要素となりそうなのは、今年の菊花賞が同馬の得意とする阪神競馬場での開催ということだ。初勝利までに4戦を要したが、3月のゆきやなぎ賞(1勝クラス、芝2400m)では、稍重の馬場を豪快にマクって4馬身突き抜けてもいる。中京で行われた次走の京都新聞杯(G2)は、良馬場でルペルカーリアを撃破して重賞初勝利している。

 そして今回、中京の神戸新聞杯で大金星にあと一歩まで迫る好走。力の要る馬場を苦にしない晴雨兼用タイプというのは、ステラヴェローチェに通じるところもある。

 決戦の舞台となる菊花賞は過去10年、8勝を挙げる神戸新聞杯組が、他を圧倒するレース。セントライト記念(G2)は、勝ち馬のアサマノイタズラよりも、2着に敗れたソーヴァリアントの方に怖さを感じた結果だったが、同馬はレース後の筋肉疲労で菊花賞を回避する予定とのこと。

 となれば、やはり主力は神戸新聞杯組。レッドジェネシスが再び激走しても不思議ではないだろう。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA「確勝」シャフリヤール轟沈に注目の上がり馬も脱落! 「波乱必至」の菊花賞で絶対に舐めてはいけない穴馬を発見?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】