GJ > 競馬ニュース > 武豊「前が壁」2発にファンからブーイングの嵐!? 「メモリアル4500勝&レコード勝ち」固め打ちも…
NEW

JRA武豊「前が壁」2発にファンからブーイングの嵐!?「メモリアル4500勝&レコード勝ち」固め打ちも…

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「前が壁」2発にファンからブーイングの嵐!? 「メモリアル4500勝&レコード勝ち」固め打ちも…の画像1
武豊騎手

 18日、中京競馬場では中京2歳S(OP)が行われ、武豊騎手騎乗の2番人気ジャングロ(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)が勝利した。好スタートからハナを奪うと、直線でも脚色は衰えず、そのまま逃げ切り。勝ち時計1分8秒4は2歳コースレコードのおまけ付きだった。

「スタートが速くて、道中も良いリズムでした。最後もうひと伸びしていて強かったです。短距離で良さが活きました」

 レース後の武豊騎手のコメント通り、前走ベゴニア賞(1勝クラス)から2ハロンの距離短縮がプラスに働いた。管理する森師は次走について明言しなかったが、先日引退したモズスーパーフレアのような快速逃げ馬として、今後のスプリント界を牽引してくれる……。そんな思いを抱いたファンもいたのではないだろうか。

 また、この日の武豊騎手は8Rの1勝クラス(ダート1800m)をメイショウミカワ(牡3歳、栗東・南井克巳厩舎)で勝利。これは中央・地方・海外を合わせて自身4500勝目という区切りの1勝だった。

 4番人気ウォーターナビレラを3着に導いた先週の阪神JF(G1)に続き、武豊騎手は好調を維持しているといっていいだろう。

 ただ、そんな武豊騎手だが、この日は全てがうまくいったわけではなく、ネット上のファンからブーイングを浴びる場面もあったようだ。

 最初は7Rの1勝クラス(芝1400m)、3番人気ナンヨーアイボリー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)に騎乗した一戦だ。2週間前の同条件でクビ差の2着に入っていた実力馬は、2年目の泉谷楓真騎手からの乗り替わりで、当然勝利が期待されたのだが……。

 スタートでやや後方に置かれたナンヨーアイボリーは、後方で脚を溜め、道中はインを追走した。4コーナーを回って直線を向くと、武豊騎手は最内を選択。手応えは抜群に見えたが、前にはズラッと先行集団が壁となって立ちはだかっていた。

 武豊騎手は急ブレーキをかけ、行き場を失うと外を通っていた後続各馬が一気に加速。徐々に外目に進路を移した武豊騎手は、ようやく馬場の真ん中に進路を見つけたがゴール前100mを切ったところだった。結果は18頭立ての16着。不完全燃焼の一戦となった。

 この騎乗には、「前壁で終戦」「インは渋滞ですよ」など、ネット上のファンからはSNSや掲示板を通じてため息が漏れていた。

 その次のレースで4500勝のメモリアル勝利を達成した武豊騎手だったが、その後再びファンが憤る騎乗を披露してしまう。

 この日2度目の“地獄”を味わったのは、1番人気のレベランス(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)に騎乗した9Rの1勝クラス(芝2200m)だった。

 ナンヨーアイボリーと同じくテン乗りで臨んだ武豊騎手は、ここでもやはりスタートでやや後れを取ると、またも後方で競馬を進めた。向正面では外に出したい素振りも見せたが、今度は外が壁となり、馬群に包まれたまま後方2番手で4コーナーを迎えた。

 武豊騎手は再び直線で内に進路を取ったが、またも前が塞がり減速。まるで7Rのリプレーを見ているような直線となったが、今度は残り200mを切ったあたりで前が開いた。最後は必死に右ムチを振るった武豊騎手にレベランスは呼応し、辛うじて3着に入線した。

 この騎乗にも馬券を買っていたとみられる一部のファンが憤慨。「また包まれて終わりかよ」「これは叩かれても仕方ない」と容赦ない言葉が飛び交った。

「この日は2勝を挙げた武豊騎手ですが、裏開催の中京で比較的騎乗馬には恵まれていました。7Rは残念な騎乗でしたが、9Rは馬券には絡んだので、最低限の仕事はこなしたと思います。競馬なので、こういう日もあるでしょう」(競馬誌ライター)

 武豊騎手はメモリアル勝利とレコード勝ちを収める“天国”も味わったが、人気馬で“地獄”も味わう日となってしまった。19日にはドウデュースで悲願の朝日杯FS(G1)制覇を狙う。一体どちらの武豊騎手が顔をのぞかせるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA武豊「前が壁」2発にファンからブーイングの嵐!?「メモリアル4500勝&レコード勝ち」固め打ちも…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安