GJ > 競馬ニュース > 倍率「万馬券」級! 有馬記念(G1)指定席が“超プレミア化”でファンは阿鼻叫喚!? 苛烈なキャンセル席取り合戦の行く末は……
NEW

JRA 倍率「万馬券」級! 有馬記念(G1)指定席が“超プレミア化”でファンは阿鼻叫喚!? 苛烈なキャンセル席取り合戦の行く末は……

【この記事のキーワード】, ,

JRA 倍率「万馬券」級! 有馬記念(G1)指定席が“超プレミア化”でファンは阿鼻叫喚!? 苛烈なキャンセル席取り合戦の行く末は……の画像1

 中山競馬場で有馬記念(G1)が行われる26日。今年はこのレースを最後に引退するクロノジェネシスをはじめ、皐月賞と天皇賞・秋を制したG1・2勝馬エフフォーリア、菊花賞を圧勝したタイトルホルダーも出走を予定しているなど、豪華な顔触れとなっている。

 それだけに、年末の大一番を実際に観戦して見届けたいと思う方も少なくないはず。しかし、残念ながら中央競馬の開催競馬場は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前に指定席などを購入したファンのみに制限されている。

 つまり、従来のように当日入場券を競馬場で購入して入場するということは出来ない。

 それゆえ現地で観戦したいファンは、事前に指定席を入手しなければならないのだが、そのためにはまず「指定席ネット予約」会員になる必要がある。会員登録をすると期間内に観戦したい日の指定席に応募することができ、見事当選すると指定席を購入できる。

 ただ競馬ファンが日本全国に存在するように、指定席を求める他のファンとの競争に勝つ必要がある。特にG1などの大レースが行われる競馬場の指定席は倍率が高く、当選するのは非常に困難とされている。

 例えば今年の日本ダービー(G1)は、車椅子専用席を除く全ての座席が倍率15倍オーバーだった。最も当選確率の高かった「6階B指定席」でも、人気アーティストのコンサート並みである。

 昨年は終息が見えなかった影響かJRAも席数を絞っていた。そのためコロナ禍の入場解禁間もなかった昨年の菊花賞(G1)はコントレイルの無敗の三冠を見届けようと、778席に対して約1万8000人が応募し、倍率は23倍となった。

 今年に入って徐々に新型コロナの脅威が薄まっていったため、それに比例して席数は増加傾向にあり、今年はまだマシとの見方もある。

 このような経緯もあって、今年の有馬記念の倍率が気になるところだが、予想に反して、とんでもないことになっている。

 中山競馬場の席数が4330席と、主要競馬場にしては少ないこともあるが、どの席種も軒並み倍率20倍オーバー。最も倍率の高かった席は「ボックスシート」で、84.9倍と万馬券に近い数字である。

 ネット予約会員の規則として1人1個しか会員IDを持てないため、応募はもちろん1回のみ。応募者が重複していないにもかかわらず、これほどの競争率の高さは日本の競馬ファンの多さを物語っている。

 とはいえ、現地観戦を熱望しているファンにとっては、絶望的な現実だろう。

 だが、応募に漏れてしまったファンにも救済チャンスがある。それが20日の17時から発売開始される「残席・キャンセル席発売」だ。これはキャンセルされた席や期間内に購入されなかった席を再度発売するものである。そして、この発売は今までの「抽選」方式ではなく「先着」方式。指定席を是が非でも欲しいファンが虎視眈々と17時ちょうどにサイトへ入れるよう待ち構えていた。

 来る17時。サイトのメンテナンスが明けると、僅かな空席を求めるファンによる壮絶な指定席争奪戦が始まったが、間もなく「ただいまアクセスが集中しているため、ログインできません」というエラーメッセージが出る始末。サイトに再びログイン出来た頃には、すでに席は残されていなかった。

 ネット上のSNSでは「ログインすら出来ない」や「途中で落ちた」などの席取り合戦に敗れたファンの声がチラホラ。中には「席確保出来たのに決済エラーが表示されて結局買えなかった」と、天国から地獄へ落ちたファンの姿もあった。

 JRAは俳優の松平健氏とタッグを組んだ「マツケンアリマ」がネットやSNSで大きな注目を浴びたが、指定席争奪戦に敗れてしまったファンにとっては「落選アリマ」といった感じだろうか。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 倍率「万馬券」級! 有馬記念(G1)指定席が“超プレミア化”でファンは阿鼻叫喚!? 苛烈なキャンセル席取り合戦の行く末は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!