GJ > 競馬ニュース > 東京大賞典(G1)地方屈指の「天才」がオメガパフューム斬り! 衰え気になる王者に真っ向勝負を仕掛けられる十分な根拠
NEW

東京大賞典(G1)地方屈指の「天才」がオメガパフューム斬り! 衰え気になる王者に真っ向勝負を仕掛けられる十分な根拠

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)地方屈指の「天才」がオメガパフューム斬り! 衰え気になる王者に真っ向勝負を仕掛けられる十分な根拠の画像1
オメガパフューム

 29日、中央地方通じて今年最後のG1・東京大賞典(G1)が大井競馬場で行われる。

 有馬記念(G1)、ホープフルS(G1)で馬券を外してしまった人にとっては今年最後の挽回のビッグチャンス。そして全ての競馬ファンにとっても今年最後の一大イベントである。

 出走馬の顔ぶれを見てみると、勝てば史上初となる東京大賞典4連覇となるオメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)が断然の人気を集めそう。

 同馬は現在、東京大賞典3連覇中であり、テーオーケインズやチュウワウィザードなどの強豪馬不在のここでは実績上位。史上初の4連覇を達成し来春の種牡馬入りに華を添えたい所だろう。

 しかし、そんなオメガパフュームも今年で6歳とベテランの域に達しつつある。今年に入って得意の地方競馬場で3戦するも、いまだ未勝利。1月の川崎記念(G1)では地方船橋所属のカジノフォンテンに0.6秒差をつけられる完敗を喫した。

 続く帝王賞(G1)では、大得意の大井で初の馬券圏外となる5着に敗れている。この帝王賞のレース後に、騎乗したM.デムーロ騎手は「スタートで進んで行かず、3・4コーナーでズブくなりました。でもいつもの事ですし、それでも長く良い脚を使える馬ですから大丈夫だと思ったのですが…」と、順調に勝ち星を積み重ねていた昨年までとは馬の反応が違ったとコメントをしている。

 さらに、先月3日に金沢で行われたJBCクラシック(G1)でも、東京大賞典に出走するミューチャリー(牡5歳、船橋・矢野義幸厩舎)に敗れており、年齢的な衰えが少し気になる。

 そうなると、人気必至のオメガパフュームよりも狙ってみたいのは、地方所属馬として史上初めてJBCクラシックを制したミューチャリーだ。先述した今年の帝王賞とJBCクラシックで2度オメガパフュームに先着したならチャンスは大いにある。

 船橋競馬に所属の同馬は2歳時から将来を期待されており、これまで交流重賞にも果敢に挑戦し続けていた。

 そして今春以降ついに本格化し、今年の帝王賞では強力中央勢に交じって4着と大健闘。その相手は大井で圧倒的な強さを誇るオメガパフューム、ダートG1・3勝のチュウワウィザード、後のBCディスタフ(G1)の勝ち馬マルシュロレーヌなど錚々たるメンバーに先着している。

 続く先月のJBCクラシックではついに悲願の交流G1を制覇。そのレース内容も、奇策ではなく好位から押し切る横綱相撲で、中央馬にポテンシャルの高さを見せつけた。

 さらに、ミューチャリーにとって追い風となりそうなのが、直近の2戦は、今年のJBC競走の開催地である金沢所属の吉原寛人騎手に託されたが、今回は主戦の御神本訓史騎手に戻っての一戦となる点だ。

 御神本騎手といえば南関競馬で活躍し、天才との呼び声も高い名手だ。ブルドッグボスでJBCスプリント(G1)、C.スミヨン騎手の代打を任され、疾病による手術明けのケイティブレイブで浦和記念(G2)を制するなど交流重賞での実績も豊富である。また昨年は年間勝率が20%を超えるなど、地方競馬所属の騎手の中でも屈指の実力者として知られている。

 地方からJRAに移籍した内田博幸騎手、岩田康誠騎手、戸崎圭太騎手などにも勝るとも劣らない実力の持ち主として、地方競馬ファンからも高く評価されており、大きなレースで勝負強さを発揮する点もプラスに働きそうだ。

 今年、オメガパフューム相手に2戦2勝という成績に加えて、名手御神本騎手の本拠地大井での戦いとなれば、3度目のジャイアントキリングがあっても決して不思議ではない。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

東京大賞典(G1)地方屈指の「天才」がオメガパフューム斬り! 衰え気になる王者に真っ向勝負を仕掛けられる十分な根拠のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃