GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の“脚質転換”が素質馬に直撃
NEW

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の“脚質転換”が素質馬に直撃

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の脚質転換が素質馬に直撃の画像1
M.デムーロ騎手

 8日土曜から始まった新春恒例の3日間開催。最終日となった10日、中山競馬場では3歳牝馬限定重賞フェアリーS(G3)が行われた。

 中山芝1600mのフルゲート16頭で争われた一戦を制したのは、M.デムーロ騎手がコンビを組んだ5番人気ライラック(牝3、美浦・相沢郁厩舎)だ。

 スタートで出遅れたこともあり、一時は最後方からの追走となったが、外目を追い上げると最終コーナーで先行勢を射程圏に捉える。直線外から豪快な末脚を繰り出し、先に抜け出していた1番人気スターズオンアースをゴール前で差し切った。

 オルフェーヴル産駒ライラックは、M.デムーロ騎手がかつて主戦を任されたことのあるラッキーライラックに名前も血統も通じるところがある馬。陣営が、血統的に距離が延びても問題ないとコメントしたように、クラシックでも期待が出来そうだ。

 大舞台に強い名手が、不利を見事に跳ね返したのに対し、「鞍上弱化」の影響がモロに出てしまった感を拭えないのは、3着に入ったビジュノワール(牝3、美浦・中舘英二厩舎)かもしれない。

 出遅れをリカバーした勝ち馬とは逆に、こちらはまずまずのスタートを決めながら、鞍上の大野拓弥騎手が手綱を引っ張り通し。レース映像でも道中、何度も首を左右に振って荒ぶるシーンが映されていた。

 4コーナーの入り口でもスムーズさを欠いたまま、直線でもまだ10番手の後方。ようやく自由に走れるようになったタイミングで脚を伸ばし、フィールシンパシーとの3着争いをクビ差で制した。

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の脚質転換が素質馬に直撃の画像2
大野拓弥騎手 撮影:Ruriko.I

「少しゲートで引っ張る形になってしまいました。それでも直線で外に出してからはすごくいい脚を使ったので、これからが楽しみな馬だと思います」

 レース後のコメントでそう振り返った大野騎手だが、人馬がピタリと折り合うシーンは一度もなし。むしろ前進気勢の強い馬を制御することが出来ず、7番人気の伏兵で3着に入ったことすら不完全燃焼だったといえそうな内容だった。

「さすがにちょっとこれはどうかと思える騎乗でしたね……。実質直線しか競馬になっていないような内容でした。スタートから最後の直線までずっと引っ張り通しだったため、スタミナをかなりロスしたと思います。

ただ、これまでのマイナスがありながら、勝ち馬に次ぐ脚で伸びて来たことに驚かされます。スムーズなレースが出来ていれば、勝ち負け可能な能力があったと考えられます」(競馬記者)

 昨年9月にC.ルメール騎手とのコンビでデビュー勝ちを決めた際は、好位から抜け出す優等生の競馬。4コーナー先頭から押し切る横綱相撲だった。

「スピードを見せてくれたので2番手で落ち着いて走れた。乗りやすい馬。そこからは長くいい脚で加速してくれた。能力がありそう」

 当時のルメール騎手のコメントから、前に行けるだけのスピードもあり、「乗りやすい」とまで評していただけに、今回の“脚質転換” には疑問が残る。

 とはいえ、大野騎手があそこまで強引に下げたことには、もしかしたら陣営の指示があったのかもしれない。

 いずれにしても、ビジュノワールのルメール騎手から大野騎手への乗り替わりを鞍上弱化と考えたファンが軽視した結果、7番人気という低評価へと繋がったことは間違いなさそう。

 血統的にも父キタサンブラック×母クーデグレイスの良血馬。むしろ、大きなロスがありながらこれだけの走りを見せたのだから、再びルメール騎手に手綱が戻るようなら、ノーマークにできない注目馬だろう。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の“脚質転換”が素質馬に直撃のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”