GJ > 競馬ニュース > 【フローラS(G2)展望】吉田豊VS吉田隼人「兄弟対決」に武豊が乱入!? 「ルージュ軍団」2頭に素質一級品ラスールなど近年屈指の大激戦!
NEW

JRA【フローラS(G2)展望】桜花賞6着馬VS遅れてきた大物候補! 素質一級品ラスール「ルージュ軍団」2頭など近年屈指のハイレベル!

JRA【フローラS(G2)展望】吉田豊VS吉田隼人「兄弟対決」に武豊が乱入!? 「ルージュ軍団」2頭に素質一級品ラスールなど近年屈指の大激戦!の画像1
パーソナルハイ 撮影:Ruriko.I

 24日、東京競馬場ではオークストライアルのフローラS(G2)が行われる。2枚の“切符”をめぐる一戦を早速展望していこう。

 抽選で滑り込み出走を果たした桜花賞(G1)で、17番人気の低評価を覆し、6着に好走したパーソナルハイ(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が中心か。

 逃げるとみられた前走はスタートで行き脚がつかず、中団からの競馬となった。直線を向いて手応え良く伸びかけたが、内にいたピンハイと接触すると、外に弾き飛ばされる大きな不利を受けた。その後もゴール前まで何度か接触を繰り返し、結果は6着で惜しくもオークス(G1)への優先出走権を逃した。

 改めてオークスの権利獲りに挑む今回は、前走から2ハロンの距離延長。これはパーソナルハイにとって大きなプラスとなりそうだ。この距離では未勝利戦で2度走っているが、キラーアビリティの2着と4馬身差の勝利がある。

 一方、ローテーションには不安も残る。2走前のフラワーC(G3)から中2週で桜花賞、さらに今回は中1週での参戦。1か月強の間に3走、しかも2度目の関東遠征は3歳牝馬にとって過酷といえるだろう。

 東京の開幕週は例年通りなら逃げ・先行馬が有利。今度こそ積極策に打って出るか。G1で好走した後だけに人気を集めるのは必至。凡走は許されないだろう。鞍上は引き続き吉田豊騎手が務める。

 武豊騎手はマイシンフォニー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)で参戦。ディアデラノビアで勝った05年以来のフローラS制覇を狙う。

 デビュー4戦目までは1600~1800mを使われていたマイシンフォニー。4戦目の1800m戦で初勝利を挙げると、続く前走は一気に距離を短縮し、1400mのフィリーズレビュー(G2)で桜花賞の権利獲りを狙った。ところがスタートが遅く、後方の位置取りから末脚を伸ばしたが、惜しくも4着に終わった。

 直線で大外を回る距離ロスがあったことに加え、やはり距離もこの馬には短すぎた。今回は一気に3ハロン延長するが、課題の折り合いを克服すれば上位争いに加わってくるだろう。

 ドウデュースで牡馬クラシック路線を沸かせている武騎手とキーファーズのコンビは、意外にも牝馬クラシックには出走したことがない。素質馬マイシンフォニーをオークスに送り込むことができるだろうか。

 また「ルージュ軍団」の2頭にも注目だ。

 昨年末のデビュー戦でエフフォーリアの弟ヴァンガーズハートにハナ差で勝利したルージュエヴァイユ(牝3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)は、前走のデイジー賞(1勝クラス)でも強烈な末脚を繰り出し、2連勝を決めた。

 2戦とも着差は僅かだが、インパクトは大きかった。祖母が凱旋門賞馬のデインドリームという良血馬はデビュー3連勝を飾ってオークスに向かえるか。

 ルージュスティリア(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、昨夏の新潟新馬戦で後の桜花賞馬のスターズオンアースを破った逸材だ。7か月ぶりの実戦となった前走・チューリップ賞(G2)はスタートで大きく出遅れて6着に敗れたが、上がり33秒9はナミュールと並びメンバー最速だった。

 ひと叩きされた今回は、あっさりがあってもおかしくない。鞍上はデビュー戦以来となる福永祐一騎手に戻して確勝を期す。

 2走前のシンザン記念(G3)で1番人気に支持されるも、7着に敗れたラスール(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎)も実力は上位陣と遜色ない。前走の自己条件1勝クラスを快勝し、2か月ぶりの実戦でオークスの切符を狙う。

 2戦1勝のホウオウバニラ(牝3歳、栗東・安田翔伍厩舎)は、血統が魅力だ。半姉ビッシュは6年前のフローラSで1番人気に推され5着に敗れたが、オークスで3着に好走。秋には秋華賞(G1)でも1番人気に支持された。姉が果たせなかったG1制覇に向けて、まずは権利を獲得したい。

 2度のG1を経験しているパーソナルハイが実力を示すのか。スガオノママデら新興勢力が台頭するのか。近年屈指の激戦となりそうな今年のフローラSは24日15時45分に発走予定だ。

JRA【フローラS(G2)展望】桜花賞6着馬VS遅れてきた大物候補! 素質一級品ラスール「ルージュ軍団」2頭など近年屈指のハイレベル!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】