GJ > 競馬ニュース > アーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望
NEW

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望の画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 16日、阪神競馬場では3歳のマイル重賞・アーリントンC(G3)が開催された。3着以内の馬にNHKマイルC(G1)の優先出走権が付与されるトライアルを制したのは、川田将雅騎手のダノンスコーピオンだった。

「前回はバランスが良くなく、競馬にならなかったのですが、今回は道中のバランスが良く、この馬としてはちゃんとした走りができていました」

 レースをそう振り返った川田騎手もパートナーの復調にまずは一安心か。

 最終追い切り後に川田騎手から「まだ間に合っていない」と危惧する声も出ていた前走の共同通信杯(G3)は、復調途上での出走。実際、レースでも精彩を欠く走りで7着に敗れ、主戦の不安が的中してしまった。

 一時は陣営から春全休という声も出たものの、不振から見事な巻き返しに成功してみせたダノンスコーピオン。実力馬が復調したなら、本番のNHKマイルCでも主役級の期待が持てそうだ。

 これに対し、2番人気で4着に敗れたのがジュンブロッサム(牡3、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 

痛恨の4着でNHKマイルCへ赤信号か……

 

 18頭立ての芝1600mのレースを出遅れ気味にスタートすると、道中はほぼ最後方から追走。最後の直線で大外に出されてから、上がり3ハロン33秒3の鬼脚を駆使したものの、脚を余すような格好で惜敗した。

 未勝利勝ちしかないジュンブロッサム陣営にとって、NHKマイルC出走には権利の取れる3着以内が絶対条件。未勝利戦でレコードをマークした東京を舞台に行われる大目標を前に、出走はほぼ絶望的といえる状況となってしまった。

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望の画像2
吉田隼人騎手

「ちょっとマイルでスタートが決まらないと……。多頭数でどんどん前に入られてしまって、促してもついて行けませんでした」

 騎乗した吉田隼人騎手だが、「あの伸びならもう少しポジションが取れていれば……」「ゲートが全てでした」と振り返るのが精一杯だった。

「うーん……ちょっともったいないレースだった気がしますね。勝ち馬のダノンスコーピオンに騎乗した川田騎手が見事な手綱捌きだっただけに、1、2番人気で2頭の明暗がより際立ったように映ります。

中距離しか経験していなかった馬ですから、テンからペースが速くなるマイルのペースに馬が戸惑ったかもしれません。ただ、デビューからここまで好位で競馬をしていた馬。いきなり最後方からの競馬では厳しかったですね」(競馬記者)

 レースを観ていたファンの怒りは、当然ながら吉田隼騎手へと向いた。ネットの掲示板やSNSなどでは、「馬は足りてるけど騎手が足りてない」「全部スタートのせいにしてる」「やっぱりこの馬は豊さんじゃないと……」と、一部のファンから鞍上に対する疑問の声も……。

 吉田隼騎手は前走のアルメリア賞(1勝クラス)を、本人も認めた「窮屈な競馬」で2着に敗れていたばかリ。2戦連続での不完全燃焼にファンの不満が残ったのも仕方がなかったか。

 大阪杯(G1)を8番人気ポタジェで制し、評価が急上昇していただけに、吉田隼騎手としては悔いの残るレースだった。

 結果を残して主戦の座を盤石にしたかったところだが、3着にも入れなかったことは陣営にとっても痛恨。場合によってはジュンブロッサムの降板があっても不思議ではないだろう。オーナーサイドの判断次第で武豊騎手の再登板もありそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAアーリントンC(G3)吉田隼人「無意味」な33秒3に疑問の声!? ジュンブロッサム「武豊待望論」急騰もNHKマイルC絶望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も