GJ > 競馬ニュース > “ホープレス”の危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるか
NEW

“ホープレス”の危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるか

ホープレスの危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかの画像1

 19日、中山競馬場では菊花賞(G1)のトライアルレースであるセントライト記念(G2)が行われ、3番人気のガイアフォースが重賞初制覇を成し遂げた。

 昨年9月の新馬戦では、後にダービー馬となるドウデュースの2着。その後は長期休養を強いられたものの、3月に阪神で未勝利勝ちを果たすと、5月に1勝クラスの2着を挟み、7月の小倉で国東特別(1勝クラス)を圧勝。2着につけた7馬身差もさることながら、小倉の芝2000mで1分56秒8のコースレコードを叩き出したことも話題になった。

 待ちに待った初の重賞の舞台。先団を見ながら好位置で運ぶと、直線では日本ダービー(G1)で3着に入ったアスクビクターモアとの一騎打ちに。

 馬体を併せての約200mの叩き合いの末、最後はライバルよりも0秒3速い上がり3ハロン34秒7の脚で突き抜け、アタマ差先頭でゴール。父キタサンブラックとの父仔制覇というオマケ付きで、最後の一冠争いに名乗りを上げた。

 今週は中京競馬場で菊花賞馬を多数輩出している最重要トライアル・神戸新聞杯(G2)が行われるが、やはり今回も春のクラシック路線を順調に歩んできた実績馬と、夏の間に頭角を現した上がり馬の激突が大きなポイントになる。

 特に実績組はダービーを最後に休みに入るというパターンが多く、その場合は今回が4カ月休養明けの始動戦となる。元々の実力に加え、夏の間にどれだけの成長を見せているかが馬券戦略においての大きなカギを握っている。

“ホープレス”の危機再び…?

 そんな中、実績馬を精査していくにあたり、気になるのがホープフルS(G1)に出走していた組の不振である。

 暮れの中山・芝2000mで開催される大一番。かつては出世馬が少なく、“ホープレスS”などと揶揄されることもあったが、ここ数年でそんな印象も一変。2018年の勝ち馬・サートゥルナーリアは翌年の皐月賞(G1)を制し、2019年の勝ち馬・コントレイルは3連勝で初G1タイトルを掴んだ後、翌年も負けなしのまま無敗の三冠馬となった。

 2020年の勝ち馬であるダノンザキッドは、ホープフルSを最後に勝利から遠ざかっているものの、当時4着のタイトルホルダーと2着のオーソクレースが翌年の菊花賞でワンツー。大舞台で存在感を発揮している。

ホープレスの危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかの画像2
キラーアビリティ

 一方で、昨年のホープフルS組はと言うと、勝ち馬のキラーアビリティが皐月賞で13着に敗れ、ダービーでも6着と結果を残すことができず。今のところ再始動の情報も聞こえてこない。

 そんな中、セントライト記念には3頭のホープフルS組が出走したが、結果は5着のラーグルフが最上位。ボーンディスウェイは6着、オニャンコポンも7着という物足りない結果に終わっている。

 オニャンコポンはホープフルSで11着に敗れた後、次走の京成杯(G3)で巻き返して勝利。その他ではマテンロウレオがホープフルSで6着の後、次走のきさらぎ賞(G3)を勝っていて、アスクワイルドモアはそのきさらぎ賞で4着に敗れた後、京都新聞杯(G2)を制覇。

 後の重賞馬は出ているとはいえ、皐月賞やダービーでは馬券絡みはおろか、掲示板に載った馬もなし。2歳の中距離王を決めるG1レースでありながら、そのレベルは疑問視されつつある。

ホープレスの危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかの画像3
ジャスティンパレス

 今週の神戸新聞杯には、ホープフルS組からジャスティンパレスとアスクワイルドモア、サトノヘリオスの3頭が出走を予定。特にジャスティンパレスはキラーアビリティと0秒2差の2着と健闘を見せた有望株だけに、この秋の再始動には大きな注目が集まる。

 ホープフルSに駒を進めることができたということは、2歳の間にしっかりと賞金を稼ぎ、春の大舞台を見据えて順調に歩みを進めることができたということ。最後の菊花賞トライアルでは、この世代を牽引していた有望株たちの逆襲に期待したい。

木場七也

木場七也

29歳・右投右打。

本業は野球関係ながら土日は9時から17時までグリーンチャンネル固定の競馬狂。

ヘニーヒューズ産駒で天下を獲ることを夢見て一口馬主にも挑戦中。

“ホープレス”の危機再び…?神戸新聞杯(G2)に参戦の3頭は意地を見せられるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感