GJ > 競馬ニュース > エイシンフラッシュ譲りの「上がり33.2秒」にシャフリヤール、イクイノックスらも戦々恐々!? 遅咲きの超新星が天皇賞・秋(G1)の惑星に
NEW

エイシンフラッシュ譲りの「上がり33.2秒」にシャフリヤール、イクイノックスらも戦々恐々!? 遅咲きの超新星が天皇賞・秋(G1)の惑星に

【この記事のキーワード】, ,
エイシンフラッシュ譲りの「上がり33.2秒」にシャフリヤール、イクイノックスらも戦々恐々!? 遅咲きの超新星が天皇賞・秋(G1)の惑星にの画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 10日、阪神競馬場で開催された京都大賞典(G2、芝2400m)は、2番人気のヴェラアズール(牡5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)が、1番人気だった2着ボッケリーニに2馬身半差をつけて勝利。5歳秋に重賞初挑戦を迎えた新星が、秋のG1戦線に大きく名乗りを上げた。

「強い競馬でした。追って反応が良く、しっかりと最後も伸びて、いいレースだったと思います」

 レース後、そう勝ち馬を絶賛した松山弘平騎手は、前日の毎日王冠(G2、サリオス)に続く2日連続の重賞制覇。今週末から始まる連続G1開催に向けて、また1頭強力なパートナーを手に入れた印象だ。

「前半の1200mが1分13秒5というスローペースからの瞬発力勝負になりましたが、上がり3ハロン33.2秒ですか……最後はお父さんのエイシンフラッシュを彷彿とさせるような末脚のキレでしたね。非常に強い勝ち方でした。

芝に転向後は、すべて上がり最速。折り合いの心配もなさそうですし、秋のG1戦線に向けて楽しみな馬が出てきた印象です」(競馬記者)

遅咲きの超新星が天皇賞・秋の惑星に

 記者がそう評価するように、ヴェラアズールはこれで5戦連続の上がり最速。今年3月までは2勝クラスだったが、一気に重賞ウイナーの仲間入りを果たすこととなった。

 これだけを見ると、如何にも「若き新星の出現」といった感じだが、ヴェラアズールはすでに5歳秋を迎えている古馬。キャリアもこれが21戦目である。実は、今年の1月までずっとダートを走り続けており、芝は今回が5戦目だった。

「ヴェラアズールは父が日本ダービー(G1)を勝ったエイシンフラッシュで、母の姉妹にトールポピー(オークス)、アヴェンチュラ(秋華賞)がいるなど、血統だけ見ればクラシックなど芝の王道路線を歩んでいてもおかしくない馬です。

しかし、レース後に渡辺調教師も『デビューも遅くて、体質も弱かった』とおっしゃっていましたが、入厩前に故障してしまい、デビューは3歳の3月。その後も脚元を気遣って、今年までずっとダートで使われてきました」(同)

 一般的に芝よりもダートの方が脚への負担が軽いと言われており、ヴェラアズールに限らず、適性よりも脚元の関係でダートを使われている馬は少なくない。

 記者曰く「グンと良くなった」(渡辺調教師)ので今年から芝挑戦を始め、わずか半年程度で重賞制覇を成し遂げたわけだが、ここまで出世が遅れてしまったのは陣営としても随分歯がゆい思いをしていたはずだ。

 ただ、今回の勝利にかつて一世を風靡した「あの馬」の存在を思い出した競馬ファンもいたようだ。

エイシンフラッシュ譲りの「上がり33.2秒」にシャフリヤール、イクイノックスらも戦々恐々!? 遅咲きの超新星が天皇賞・秋(G1)の惑星にの画像2
武豊騎手

「次は、川崎でアウォ(会おう)ーディー」

 2016年、当時のダート界に1頭の新星が現れた。ダート転向後、無敗の快進撃を続けたアウォーディーである。

 上記は9月の日本テレビ盃(G2)で5連勝を達成した際に、主戦の武豊騎手から炸裂したオヤジギャグ(次走のJBC開催が持ち回り制なので、次は川崎ということを宣伝したい武豊騎手のサービス精神もあった)だが、今になっても一部の競馬ファンがつい口走ってしまうほどの“伝説”になっている。

 結局、その後アウォーディーはJBCクラシック(G1)で連勝を6に伸ばし、ダート界の頂点へ。デビューからずっと芝を走ってすでに5歳、キャリア32戦目の初G1という遅すぎた出世だった。

「芝→ダート」のアウォーディーと比べて、「ダート→芝」というヴェラアズールは真逆の道を歩む存在だが、5歳の路線転向をきっかけに“大変身”したという点では共通するものがある。

「いいレースだったと思います。これから先が楽しみです」

 レース後、松山騎手からそう期待を懸けられたヴェラアズール。今回が重賞初制覇とG1出走には賞金面でやや不安があるものの、京都大賞典1着馬には天皇賞・秋(G1)への優先出走権が与えられる。

 今年はシャフリヤール、ジャックドールら4歳勢に、ジオグリフ、イクイノックスといった3歳トップホースが挑む構図の天皇賞・秋だが、そこに遅れてきた5歳馬が割って入るのか。

「次は、東京でアウォーディー」となれば、ますます盛り上がりそうだ。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

エイシンフラッシュ譲りの「上がり33.2秒」にシャフリヤール、イクイノックスらも戦々恐々!? 遅咲きの超新星が天皇賞・秋(G1)の惑星にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】