GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在
NEW

永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在…ブレイク予感のルーキーが導き出したマーメイドSの勝ちパターン

重賞初勝利を挙げた永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I
重賞初勝利を挙げた永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I

 16日に行われた日曜京都のメイン、マーメイドS(G3)は、永島まなみ騎手が騎乗した4番人気アリスヴェリテ(牝4、栗東・中竹和也厩舎)が優勝。初コンビとは思えないような鮮やかな逃げ切り勝ちを演じた人馬は、ともに嬉しい重賞初制覇となった。

「最後の直線では、後ろから来ないでと思いながらでしたが、馬が最後まで頑張ってくれましたし、馬が助けてくれました」

 デビュー4年目で初の重賞勝ちを噛みしめるように振り返った永島騎手だが、ここまでの道のりは決して平坦ではなかった。今春はスウィープフィートというクラシック候補もいた中、武豊騎手に乗り替わったチューリップ賞(G2)を快勝するなど、ほろ苦い経験もした。

 しかし、それを糧にして日々の努力を怠らなかった結果が、関係者との信頼を築き、今回のチャンスを呼び込むきっかけとなったはずだ。

勝利を呼び込んだ永島騎手の好判断

 16頭立てのフルゲート。逃げたい馬としては外の7枠13番を引いたものの、永島騎手に迷いはなかった。

 スタートしてすぐパートナーに気合をつけつつ先頭を窺う。藤懸貴志騎手のベリーヴィーナスもハナを狙う構えを見せたが、馬上の永島騎手の強い意思を察したのか共倒れを危惧したのか2番手に控える選択。2頭のハナ争いはあっけなく終わった。

 ただ、それだけで終わらなかったあたりが好結果に結びついた。ハナを取り切ると徐々に後続を引き離して大逃げに持ち込んだ。離れた2番手に付けていた藤懸騎手とベリーヴィーナスは後続のマークがきつくなり、セーフティーリードの積み立てに成功したアリスヴェリテとは対照的なポジションとなったかもしれない。

 その一方で特筆したいのは永島騎手の思い切りの良さである。レースでアリスヴェリテに騎乗したのは初めてにもかかわらず、すでに手の内に入れているかのような信頼関係が垣間見えていた。

 そしてこの疑問については、レース後のコメントにヒントがあった。永島騎手も「前走騎乗していた柴田裕一郎騎手からアドバイスをもらっていましたし、ハンデの50キロもあって、この馬らしい競馬をしようと思っていました」と話しており、レースの前からイメージトレーニングを済ませていたのだろう。

「アリスヴェリテのマーメイドS優勝は、柴田裕騎手が試行錯誤した結果の賜物だったのかもしれません。というのも逃げる競馬があっていると見抜いたのは、柴田裕騎手だったといっても過言ではなかったからです。

近3走でコンビを組んだ人馬は、逃げる競馬と控える競馬を試みた結果、逃げがベストという答えを導き出していました。本来なら集大成となるはずだったマーメイドSで騎乗が叶わなかっただけに、それが間違っていなかったと確認できたものの、悔しい気持ちもあったでしょうね」(競馬記者)

注目のルーキー柴田裕一郎騎手 撮影:Ruriko.I
注目のルーキー柴田裕一郎騎手 撮影:Ruriko.I

陰の功労者は好素材のルーキー?

 実際、初コンビの際は「2番手で我慢したいと思っていたのですが、僕が我慢できずに行ってしまいました」と振り返った柴田裕騎手だが、2戦目に「行く馬がいたので控えました。最後は伸び負けしてしまいました」、3戦目に「絶対に行きたかった」とレース後のコメントに変化が見えていた。

 当然ながらアリスヴェリテのこういった特徴は、前任者の柴田裕騎手から永島騎手に伝えられていたに違いない。だからこそ「何が何でも逃げる」という強い意思で逃げ切りを成功させたと推測可能である。

 もちろん、それを実際にやってのけたのは永島騎手の好騎乗があってこそ。前半1000m通過58秒3、後半58秒9とペース配分も素晴らしかった。1分57秒2の勝ちタイムも今年行われた京都芝2000m条件の最速タイ。50キロという恩恵はあるが、重賞の鳴尾記念(G3)と同じなら優秀だ。それは2着のエーデルブルーメに騎乗した川田将雅騎手から「勝った人馬をほめるしかありません」というコメントが出ていたことでもわかる。

 ただ少々気の毒に思えたのは柴田裕騎手。本人は先月28日の調教騎乗中に放馬した馬に蹴られてしまい右脚を骨折。プロフィールに記載の体重は48キロだけに、コンビ継続なら自身の手綱で勝っていた可能性もあったか。

 今回は永島騎手がチャンスを手に入れたが、柴田裕騎手もルーキーとは思えないほど肝の据わった騎乗を見せている。近い将来、乗れる若手騎手としてブレイクしても不思議ではない好素材だ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在…ブレイク予感のルーキーが導き出したマーメイドSの勝ちパターンのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に