GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ騎手「夢のタッグ」がいよいよ実現!
NEW

永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ

【この記事のキーワード】, , ,
先週は落馬でヒヤリとさせた永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I
先週は落馬でヒヤリとさせた永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I

 26日の京都8Rで肝を冷やすシーンがあった。カリュウに騎乗していた永島まなみ騎手がスタート直後に落馬したのだ。

 永島騎手はダートコースに倒れ込んだまましばらく起き上がらず、ファンからは心配の声が多く聞かれた。ただ10Rでは予定通りアサヒの手綱を取ると、11番人気の穴馬ながら5着に導いた。どうやら大事には至らなかったようで一安心だった。

今週末の2歳新馬でマナミンに騎乗予定

 先週はファンをヒヤリとさせた“まなみん”こと永島騎手だが、今週末はついに夢のタッグが実現する見通しとなっている。というのも来月2日、京都芝1400mで行われる2歳新馬戦でマナミン(牝2歳、栗東・高橋康之厩舎)に騎乗する予定だ。

 マナミンはG1・4勝の女帝クロノジェネシスや菊花賞馬ビッグウィークと同じバゴ産駒。管理するのは師匠である高橋康調教師だ。永島騎手は自分と同じ名前の馬が入ってくるということで、最初は少し恥ずかしさもあったようだが、今では親近感が湧いているとのこと。ちなみに『競馬ラボ』に連載しているコラム『まなみの学び』によると「一人でシャンシャン歩けるところ」が似ているという。

 高橋康師も「フットワークが軽い」「新馬戦向き」とマナミンに高評価を与えている上に性格も素直とのこと。当日は“マナミ”コンビが大きな話題となることは間違いない。

「バゴは産駒数がそこまで多いとはいえないものの、クロノジェネシスやビッグウィークの他にも最近は重賞2勝のステラヴェローチェを出すなど意外性を秘めた種牡馬。マナミンは仕上がりもよさそうなので初戦から面白い1頭だと思います」(競馬誌ライター)

サニーサルサも魅力を秘めた1頭

 また、永島騎手が今週末に騎乗を予定している2歳新馬はマナミンだけではない。土曜の京都芝1600mで手綱を取る予定のサニーサルサ(牝2歳、栗東・高橋康之厩舎)も魅力を秘めた1頭だ。

 今年の日本ダービー(G1)を制したダノンデサイルと同じ社台ファーム生産馬のサニーサルサは、マインドユアビスケッツ産駒。半姉に今年のフェアリーS(G3)で2着に好走し、桜花賞(G1)とNHKマイルC(G1)にも出走したマスクオールウィンがいる血統馬である。

 普段は若駒らしく我の強い面を見せているが、マナミンと併せ馬を行った1週前追い切りでは切れのある脚を披露。実戦に行ったほうがよさそうなタイプであり、こちらも初戦から好勝負が期待できそうだ。

 永島騎手は今春のクラシック戦線で、デビューからコンビを組んでいたスウィープフィートの手綱を武豊騎手に明け渡すという悔しい経験をした。来年こそお手馬とともに大舞台に臨めるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬