GJ > 競馬ニュース > 関東のホープが「史上最多」注目レースV!
NEW

関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック

【この記事のキーワード】, ,
関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバックの画像1
佐々木大輔騎手 撮影:Ruriko.I

JRA女性騎手6名が騎乗も、勝利したのは…

 頼もしい男が帰ってきてくれた。

 13日の福島2Rに行われた3歳未勝利戦。この日は阪神で騎乗していた今村聖奈騎手を除き、過去最多となるJRA女性騎手6名が同時に騎乗したことで多くの注目を集めた。

 ただ、勝ったのは永島まなみ騎手でも藤田菜七子騎手でもなく、ジョーメッドヴィンに騎乗していたデビュー3年目の佐々木大輔騎手だ。同騎手は怪我から復帰後、これが嬉しい初白星となった。

 佐々木騎手は2月24日の小倉3Rで落馬。肺気胸と4本の胸椎椎体骨折が判明し、戦線離脱を余儀なくされることに。1月の半ばから参戦していた小倉では12勝を挙げて開催リーディングも狙える位置につけていただけに、本人にとってもショックは少なくなかったようだ。

 当初は全治2~3ヶ月とも報じられていたのだが、強靭な回復力を見せて約1ヶ月半でカムバックに成功。今月上旬に医師からの許可を得て調教に跨ると「体に違和感はありません。早く乗りたいと思っていました」と頼もしく語っていた。

 復帰最初のレースとなった福島1Rこそ10着に敗れたが、続く2Rでは1番人気ジョーメッドヴィンに騎乗。好位を進むと最後の直線で外からねじ伏せる盤石の競馬で、復帰後初白星をつかんだ。

 さらに、次の騎乗となった3Rでも3番人気で2着に入ると、4Rでは2番人気キットハナガサクで3馬身半差の完勝。復帰初日からいきなり複数勝利をマークしてみせた。

東西の名門厩舎からも騎乗依頼

「1ヶ月半ほどレースから遠ざかっていたこともあって、実戦感覚がどうかと思って見ていましたが、ほとんどブランクを感じさせない騎乗ぶりで2勝を挙げてくれました。

同騎手はルーキーイヤーこそ9勝に終わりましたが、昨年は68勝とジャンプアップを果たし、関東リーディング4位に入った期待のホープ。今週の騎乗予定馬を見ても堀宣行厩舎や木村哲也厩舎、須貝尚介厩舎に清水久詞厩舎など、東西の名門からも信頼を得つつあることが分かります。

休養中には『リーディングが下がっていくのが凄く嫌でした』と語ったほど負けん気の強さも持っていますし、これは頼もしい男が帰ってきてくれましたよ」(競馬誌ライター)

東京スポーツ』の取材に対しても「ここから勝ちまくって巻き返したいですね。今週8勝くらいしてリーディングを狙いたいです!」と復帰へ意気込みを語っていた佐々木騎手は、日曜も福島で全8鞍に騎乗した。

 休んでいた分を一気に取り返したい気持ちはもちろんだが、怪我明けだけに、これからも無事に週末を終えてくれることを願いたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバックのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想