GJ > 競馬ニュース > 古川奈穂騎手 3歳快速馬で圧巻の逃走V!
NEW

古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?

【この記事のキーワード】, ,

古川奈穂「重賞挑戦チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」で進む親離れ?の画像1

亀田騎手も「勝った馬が強かった」

 13日、福島競馬場で行われた雪うさぎ賞(3歳1勝クラス)は、3番人気のモズトキキ(牝3歳、栗東・村山明厩舎)が勝利。未勝利からの連勝で大きな2勝目を飾った。

 16頭立て、芝1200mのレース。前走は中団から上がり最速の末脚で差し切ったモズトキキだったが、鞍上が亀田温心騎手から古川奈穂騎手に替わったこの日はスタートから積極果敢にハナへ。ただ、これはレース後に古川奈騎手が「行ければ逃げても良いくらいの指示」と明かした通りの想定内だったようだ。

 前半600mを33.9秒という締まったペースで逃げ、後半の600mも最速から0.2秒遅いだけの34.6秒で上がられては後続もお手上げか。2馬身半差の逃げ切りという完勝劇には、2着アスティスプマンテの亀田騎手も「勝った馬が強かった」と白旗を上げる他なかったようだ。

「古川奈騎手らしい積極的な競馬でしたね。昨年12月に落馬で左鎖骨を骨折してしまった古川奈騎手でしたが、2月の最終週から復帰。これで今年2勝目と出遅れてしまいましたが、斤量の恩恵がない特別戦での勝利は今の彼女にとって大きいですし、コンビ継続となれば重賞挑戦のチャンスも見えてきました。今日の内容なら、上のクラスに行っても面白い存在になりそうです」(競馬記者)

 また、古川奈騎手と言えば関西の名門・矢作芳人厩舎の所属ジョッキーとしても有名だ。

矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?

 今や押しも押されもせぬトップジョッキーに成長した坂井瑠星騎手を始め、人を育てることに定評のある矢作厩舎。古川奈騎手もデビュー以来、その恩恵を大きく受けており、昨年も314回の騎乗の内、30.5%にあたる96回が矢作厩舎の馬。良くも悪くも“厩舎頼み”という状況だった。

 しかし、今年はここまで64回騎乗しているものの、矢作厩舎の所属馬はわずか14回と21.8%まで減少。ここまでの2勝も別の厩舎の馬で挙げたものだ。

「楽に行けて、道中の手応えも良かったですし、最後も余裕がありました」

 レース後、そうモズトキキの走りを称えた古川奈騎手。これまで矢作厩舎のグランスラムアスクとのコンビで2度の重賞を経験しているが、昨年のクイーンS(G3)が12番人気14着、今年の中山牝馬S(G3)16番人気12着と、ほぼノーチャンスだった。

 もしモズトキキとのコンビでの重賞挑戦が叶えば、初の所属厩舎以外の馬での挑戦となる。そして何より、この日の走りを見る限り、重賞でもチャンスは決して小さくないはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想