GJ > 競馬ニュース > 「2年目女性騎手」が復活の狼煙!
NEW

永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?

【この記事のキーワード】, ,
永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?の画像1
撮影:Ruriko.I

年明けから好調も無念の戦線離脱…

「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。しっかり治して早期に復帰できるように頑張ります」

 今年2月、関係者にそう再起を誓ったのは、小倉競馬場で調教中に落馬して右足甲を骨折し、週末の騎乗を見合わせた小林美駒騎手である。

 同騎手はデビュー2年目の今年、2鞍目の騎乗となった1月6日の中山2Rで幸先よく初白星を挙げると、翌週にも14番人気の大穴キャニオニングで勝利を決めスタートダッシュに成功。ルーキーイヤーの昨年は10勝だったが、今年は2月上旬の時点で前年の半分となる5勝をマーク。一気にブレイクする予感さえあった。

 しかし、先述の通り2月の末に右足を負傷。怪我の具合は幸いにも軽度だったが、無念の戦線離脱を余儀なくされることとなった。

「小倉では毎週のように騎乗馬が多く集まり、勝ち星も挙げるなどいい流れだっただけに、本人もさぞかし残念だったことでしょうね。

ただ『調教から乗ることができたので癖をつかみやすく、そこは競馬につながったと思います』(デイリースポーツより)と語るなど、途中離脱となったものの得るものが大きかったことは間違いありません」(競馬誌ライター)

 1ヶ月間の休養を経て小林美騎手は先月30日から戦列に復帰。しかし、そこから2週間で白星を挙げることはおろか、連対することすら一度もできなかった。

 これには理由があった。同騎手が復帰する際に師匠である鈴木伸尋調教師が「病み上がりなので、ちょっと頭数を減らしている」と、騎乗数をセーブする意向があったのだ。実際に復帰週は土日合わせても5鞍、その翌週も計7鞍だった。

 だが、先週は福島で土日計13レースに騎乗と一気に乗り鞍が増加。すると土曜5Rのカリーシで復帰後初勝利をマーク。日曜にも2勝しており、ここにきて状態が上向きであることが察せられる。今週はさらなる活躍も期待できそうだ。

勝率では永島まなみ騎手を上回っている

永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
永島まなみ騎手

「先週3勝の固め打ちで今年の勝ち星を8とした小林美騎手は、永島まなみ騎手の13勝に次いでJRA女性騎手の2位をキープ。

ただ怪我で休んでいたこともあり、騎乗数は永島騎手が220なのに対し、小林美騎手は半分以下の109。勝率では小林美騎手が永島騎手を上回っています」(同)

 ちなみに先週3勝のうち1つは1番人気だったが、あとの2つは単勝二桁台の伏兵馬を持ってきている。小林美騎手は穴党ファンにとっても押さえておきたい騎手の1人だろう。

 来週からは同騎手にとって地元となる新潟開催もスタートする。いつブレイクしてもおかしくない2年目女性騎手の手綱さばきに引き続き注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想