GJ > 競馬ニュース > ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝!
NEW

J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!

J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!の画像1
J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I

遅れてきた大器が単勝1.9倍に応えてリステッド勝ち

 14日、中山競馬場で行われた春雷S(L、芝1200m)は、1番人気のサトノレーヴ(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が勝利。トップハンデの57キロを背負いながらも、最後はサーマルウインドを競り落として単勝1.9倍の大本命に応えた。

 直前の皐月賞(G1)の興奮冷めやらぬ中で行われた中山最終レース。スタートを決めたサトノレーヴだったが、無理せず先頭集団を見るような形の好位をキープする。シナモンスティックが前半600mを33.4秒で逃げる締まった流れの中、3、4コーナーで外々を回る不利があったものの最後の直線でじわじわと脚を伸ばして接戦をモノにした。

「デビューが3歳4月と遅れましたが、5戦4勝2着1回という優秀な成績で自己条件を突破。前走の阪急杯(G3)で4着に敗れて連勝が3でストップしていただけに、この勝利は大きいと思います。

これまでは番手から抜け出す競馬が勝ちパターンでしたが、この日は少し後ろからの競馬。レース後、J.モレイラ騎手が『直線はしっかりとファイトしてくれた』と褒めていましたが、接戦を勝ち抜く勝負強さが見られたことは先々に繋がると思います。

すでに5歳ですが、大事に使われてきたため今回が7戦目。馬はまだまだフレッシュですし、これからもう一段階成長が期待できる良血馬。兄のハクサンムーンが果たせなかったG1制覇を期待したいですね」(競馬記者)

名短距離馬ハクサンムーンの弟に託されたG1制覇

 記者がそうエールを送った通り、サトノレーヴの半兄ハクサンムーンはスプリンターズS(G1)で1番人気になったほどの名短距離馬だった。しかし、G1で2度の2着があるものの戴冠にはあと一歩届かず……。レース前の旋回癖が注目されるなど非常にファンの多い馬だったが、2016年に惜しまれつつターフを去った。

「返し馬の段階で能力を感じていた。これからも楽しめるポテンシャルがあると思う」(モレイラ騎手)

 あれから8年。弟サトノレーヴが制した春雷Sは、ここ3年の勝ち馬がジャンダルム(スプリンターズS)、G3を2勝しているヴェントヴォーチェ、そして今春の高松宮記念(G1)を勝ったマッドクールが名を連ねるなど、近年屈指の出世レースとしても知られている。

 兄の果たせなかったG1制覇へ、遅咲きの弟が大きな一歩を踏み出した。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬