GJ > 競馬ニュース > 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!?
NEW

福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定の画像1
撮影:Ruriko.I

福永祐一厩舎が早くもG1初出走へ!

 13日のアーリントンC(G3)で僅差の3着に好走し、NHKマイルC(G1)の優先出走権を獲得したチャンネルトンネル(牡3歳、栗東・福永祐一厩舎)。管理するのは先月開業したばかりの福永厩舎だ。

 惜しくも初重賞勝利とまではいかなかったが、福永師は「状態を見て無事ならNHKマイルCに向かいます」と大舞台参戦を見据えている。調教師デビューから約2ヶ月で早くもG1に管理馬を送り出すこととなりそうだ。

 一方、この結果を受けて複雑な胸中となったのは、先月までチャンネルトンネルを管理していた堀内岳志調教師かもしれない。

 美浦の堀内厩舎は今年開業3年目の新鋭ステーブル。先週終了時点でJRA通算13勝を挙げており、今村聖奈騎手とのコンビで一昨年のフェニックス賞(OP)を勝ち、現3勝クラスのミカッテヨンデイイなどが管理馬として知られる。

 そんな堀内厩舎にとって、厩舎初のG1挑戦を意識できる器だったのがチャンネルトンネルだった。

 同馬は昨年11月の新馬戦を上がり最速タイの切れ味で勝ち上がったが、実は堀内厩舎にとっても開業以来、これが新馬戦で嬉しい初白星。師は「能力があることは分かっていました」「ひと息入れて、次は年明けあたりですかね」と話すなど、先が楽しみになる勝ち方をしたチャンネルトンネルに喜びもひとしおといった様子だった。

大舞台見据えトライアル参戦もわずか3日後に転厩…

 その後2戦を挟んで、チャンネルトンネルは先月17日のスプリングS(G2)に参戦。堀内師は『日刊スポーツ』の取材に「できれば賞金加算(2着以内)して、皐月賞(G1)、NHKマイルCを選べるような結果になれば」とコメント。同馬とともに初のビッグレース参戦を思い描いていた。

 しかしレースでは、惜しくもハナ差4着で皐月賞の優先出走権を逃してしまう。するとそこからわずか3日後の先月20日付けで、チャンネルトンネルが福永厩舎に転厩することが決まった。

福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
窪田芳郎オーナーは福永師が騎手時代から繋がりがあった

「スプリングSでのチャンネルトンネルは6番人気4着と、人気以上の着順に入っていたことからも決して悪い内容ではなかったと思います。

同馬を所有する窪田芳郎オーナーは、コンビで3勝を挙げたフライライクバードや菊花賞(G1)3着のディヴァインラヴなどで、騎手時代から福永師と繋がりがあったことも移籍した理由の一つでしょうか」(競馬誌ライター)

 福永厩舎に移ったチャンネルトンネルはさっそくアーリントンCに出走すると、NHKマイルCの優先権を獲得したのは先述の通り。レース前からイレ込みがきつかったにもかかわらず、1着とタイム差なしに健闘したのだから、本番でも面白い1頭となることは間違いない。

 堀内厩舎にしてみればやや悔いの残る結果となったかもしれない。ただ、師は厩務員時代に宝塚記念(G1)を優勝し、凱旋門賞(仏G1)でも2着に入ったナカヤマフェスタなど名馬を手掛けた腕利き。これから福永厩舎と切磋琢磨して競馬界を盛り上げてくれるはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題