GJ > 競馬ニュース > 刺客トーセンバジル
NEW

天皇賞・春(G1)”最強”藤原厩舎の刺客トーセンバジル覚醒! 「世界最強」と互角に渡り合ったその「真の姿」とは

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春(G1)最強藤原厩舎の刺客トーセンバジル覚醒! 「世界最強」と互角に渡り合ったその「真の姿」とはの画像1

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの藤原英昭厩舎。全国リーディングトレーナー1位、連対率5割、複勝率は6割近くを誇る。つまり、藤原英厩舎の馬を軸にして馬券を買うことが馬券を当てる近道といった状況だ。決して出走馬が少ないわけではなく、しかしこの成績を出していくということは、相応の「仕上げる技術」があるということだ。

「基本、若い助手であっても担当した馬に合ったメニューを助手自身が考えてトレーニングを行なうのが藤原スタイル。その厩舎力があってのこの成績、大したものですよ」(現場記者)

 競馬界でもこのスタイルで高いアベレージを叩き出しているのは凄いの一言である。

 そんな藤原英昭厩舎が今週の天皇賞・春(G1)に送り込む馬が、トーセンバジルである。前評判ではさほど名前が上がらないこの馬のプロフィールを紹介したい。

 馬主は島川隆哉氏、ノーザンファームで生産されたこの馬が2012年セレクトセールに上場され、島川オーナーが取引価格1億4175万円で落札。父•ハービンジャー、母の父•フジキセキ。母の母•エヴリウィスパーは、これまでトーセンジョーダン、アドマイヤキラメキ、ダークメッセージ、トーセンホマレボシなどを輩出しているなかなかの名繁殖牝馬。一発を秘めた素地がある血統である。

 2014年6月に阪神でデビュー。2015年、3歳春は弥生賞(G2)5着、京都新聞杯(G2)4着で皐月賞、ダービーには出られず。秋は神戸新聞杯(G2)3着で菊花賞に向かうも、調教中に右前脚を痛めて(挫石)出走取りやめ。そのまま休養に入る。2016年復帰し、3連勝してオープン入りするといきなりジャパンカップ(G1)に挑戦。11着も陣営の期待を示す出走であった。2017年は、春に阪神大賞典3着、秋は京都大賞典2着と力を見せ、冬に香港ヴァーズ(G1)に挑戦。鞍上にJ.モレイラ騎手を配し、ハイランドリール、タリスマニックの3着に食い込む。世界のG1でも十分通用することをアピールできた。

天皇賞・春(G1)”最強”藤原厩舎の刺客トーセンバジル覚醒! 「世界最強」と互角に渡り合ったその「真の姿」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!