GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念「まるでG2」
NEW

JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーに

【この記事のキーワード】, ,
JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーにの画像1

 今年も”グランプリ”の意味が問われる寂しいレースになってしまうのかもしれない。

 6月24日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。春のG1シーズンを締めくくる大切な一番だが、今年も早くから出走回避を表明する馬が続出。そして、残念ながら昨年の皐月賞馬であるアルアインも、所有するサンデーサラブレッドクラブが体調が整わないことを理由に同社HPで宝塚記念の出走を見送ると発表した。今後はノーザンファーム天栄へ放牧に出され、8月19日の札幌記念(G2)での復帰を目指すそうだ。

 スワーヴリチャード、ペルシアンナイトは安田記念(G1)に出走するためグランプリ参戦は不透明だが、ローテーションとしては厳しいか。天皇賞・春を勝利したレインボーラインは故障で戦線離脱し、シュヴァルグランは春全休を陣営が明言している。さらにドバイシーマクラシック(G1)帰りのレイデオロも回避が濃厚と見られており、モズカッチャンは次走に札幌記念を予定しているようだ。

 今回のアルアインの回避表明で、宝塚記念ファン投票の中間発表の上位10頭のうち、4頭が回避を表明しており、さらに3頭が回避濃厚。出走予定はサトノダイヤモンド、サトノクラウン、キセキの3頭と寂しい状況になっている。

JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!