GJ > 競馬ニュース > 武豊リスグラシュー
NEW

武豊リスグラシュー「前走敗因コメント」は凡庸!? 外枠不利を跳ね返した福永祐一「ダービー神騎乗」にレジェンドが思うところは?

【この記事のキーワード】, ,
武豊リスグラシュー「前走敗因コメント」は凡庸!? 外枠不利を跳ね返した福永祐一「ダービー神騎乗」にレジェンドが思うところは?の画像1

「じっとしているとポジションが悪くなる。掛かる恐れがあったけど、行きました」

 先週の日本ダービー(G1)で見事、悲願のダービー制覇を成し遂げた福永祐一騎手。その騎乗ぶりが「神騎乗」と多くのファンに評価されている理由は、「8枠17番」という不利な枠を跳ね返しての勝利だったことに尽きるだろう。

 実際に日本ダービーのフルゲートが18頭になった1992年以降、8枠17番での勝利は歴代三冠馬の中でも、最も”えげつない”勝ち方をした1994年のナリタブライアンのみ。通算[1.0.1.23]で勝率4%という極めて厳しい条件だった。

 だからこそ福永騎手の会心の騎乗は、平成最後のダービーを彩るに相応しいものだったといえるだろう。ワグネリアンの走りも見事だったが、今年のダービーは「騎手が勝たせたダービー」として人々の記憶に残るかもしれない。

 ただその一方で、レース後に「枠順の不利」を敗因に挙げる騎手は決して珍しくない。

 無論、それ自体は確かにその通りだし、特に間違った主張でもない。だが、大きな不利を跳ね返した今回の福永騎手のような騎乗を見せられると「レース前からわかっていたことなんだから、なんとかできなかったのか」と考えてしまうのが、馬券を買って応援する外野のファン心理だろう。

 ちょうど今週末の安田記念(G1)に出走するリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)に騎乗する武豊騎手が、前走のヴィクトリアマイル(G1)を1番人気で2着に敗れた際、こんなコメントを残している。

武豊リスグラシュー「前走敗因コメント」は凡庸!? 外枠不利を跳ね返した福永祐一「ダービー神騎乗」にレジェンドが思うところは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは