GJ > 競馬ニュース > 武豊リスグラシュー  > 2ページ目
NEW

武豊リスグラシュー「前走敗因コメント」は凡庸!? 外枠不利を跳ね返した福永祐一「ダービー神騎乗」にレジェンドが思うところは?

【この記事のキーワード】, ,

「あそこまで行ったら勝ちたかった。良いレースができたけど、外枠でポジションがね……。枠の差が出たかな」

 確かにヴィクトリアマイルのリスグラシューは、18頭立ての「8枠16番」という難しい枠からのスタートだった。結果的に勝った2月の東京新聞杯(G3)、前走3着だった阪神牝馬S(G2)ともに中団7番手からの競馬だったが、この日は後方13番手から。最後の直線では上がり3ハロン32.9秒の”鬼脚”で追い上げたが、2枠4番の好枠を引いたジュールポレールにハナ差及ばなかった。

 武豊騎手の言葉通り、決して悪いレースではなかったし、結果的に枠順が勝敗を分けたという主張も的を射ている。しかし先ほど述べた通り、福永騎手の日本ダービーを見せられると2400mと1600mの違いはあるものの「天才騎手」としては、どこか物足りない敗因分析にも感じられる。

 さらに武豊騎手は、今年3月に品川プリンスホテルで行われた『武豊ファンミーティング』の席でこんな話もしていた。

「枠は1番より2番が欲しかったです。後入れですからね。(前走のジャパンCでキタサンブラックが敗れた)シュヴァルグランは外に行けとも思っていましたけどね(笑)。特に中山2500mや、東京2400mは『枠』で展開が大きく変わりますから」

 これは武豊騎手が、キタサンブラックと参戦した昨年の有馬記念(G1)での枠順抽選会について語った一幕。結局、キタサンブラックは1枠2番という、願ったり叶ったりの最高枠を引いて見事にラストランを飾った。

 その結果はさておき、ここで重要なのは武豊騎手が有馬記念(G1)の中山2500mだけでなく、日本ダービーの東京2400m(ここではジャパンC)についても「枠が重要」、もっと言えば「内枠が有利で、外枠が不利」と語っていることである。

武豊リスグラシュー「前走敗因コメント」は凡庸!? 外枠不利を跳ね返した福永祐一「ダービー神騎乗」にレジェンドが思うところは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か